From the blog

Rescale、RescaleのScaleX Cloud HPCプラットフォームで、ANSYSソフトウェアを従量制ライセンスモデルによるオンデマンド提供を開始

クラウドHPCのリーディングプロバイダーであるRescaleは、エンジニアリングや科学、および数学分野におけるシミュレーションや科学技術計算向けにクラウドの巨大なコンピュートリソースを提供するために設計されたRescaleのScaleX(SaaSプラットフォーム)から顧客がアンシス社が提供するANSYS Elastic Licensingを直接購入し利用できるようになったことを発表しました。
ANSYS Elastic Licensingは、構造、流体、およびエレクトロニクスソリューションを含むANSYSのエンジニアリングシミュレーション製品群に向けた、従量制のライセンスモデルです。 ScaleXでのANSYSシミュレーションソフトウェアの提供によって、ほとんどすべての業界の企業が、製品の設計や市場投入方法に変革をもたらすことになります。

RescaleのScaleXプラットフォームでは、2016年からANSYS製品をサポートし、世界中の60を超えるデータセンターを通してANSYS Elastic Unit(AEU)をクラウドで提供しています。今回のANSYS Elastic Licensingサポート強化によって、クラウド上でのANSYS利用を希望するユーザーは、ScaleXプラットフォームを通じてANSYSの使用ライセンスを直接購入することができ、クラウドHPCハードウェア環境とシミュレーションソフトウェアの調達が、複数のベンダーを通すことなくオンデマンドで可能になりました。
ANSYS Elastic Licensingのライセンス消費単位であるANSYS Elastic Units(AEU)は、利用ボリュームに応じて3種類のパッケージで提供されます。Rescaleを通して購入したAEUはScaleXプラットフォーム上でプールされ、各ANSYS製品を利用する毎に1時間単位で消費されます。また、プリペイ(事前購入)したプール分を全て消費した後はポストペイ(事後払い)でのANSYS製品利用も可能です。
RescaleのScaleXを使用すると、既存のライセンスを利用することも、従量制ライセンスを購入することもでき、ベアメタルサーバーや仮想サーバー、およびオンプレミスのインフラストラクチャーと統合するなど、さまざまなハードウェア・アーキテクチャーへアクセスが可能になります。さらに、ScaleX管理ポータルにより、企業の管理者は、会社、プロジェクト、ユーザーの各レベルで予算を設定することとができ、AEUの使用状況の監視したり予算制限などを実施することができます。
ANSYS Image
RescaleのCEO、Joris Poortは次のように述べます。「2016年にScaleXプラットフォームがANSYS Elastic Licensingを導入して以来、ANSYSの従量制ライセンスは、当社の多くのお客様から非常に高い評価を頂いています。今回、当社は、お客様がScaleXプラットフォームから直接Elastic Unitを購入できるようにすることでさらなる柔軟性を提供します。オンデマンドで利用できるクラウドプラットフォーム上で、オンデマンドかつ柔軟なANSYSソフトウェアライセンスをシームレスに提供することにより、お客様に喜んでいただけることを確信しています。」
「シミュレーションの普及によって、エンジニアは、製品ライフサイクル全体にわたってより多くの設計の可能性を評価し、より良い意思決定を行うことができるようになりました。 ScalesXプラットフォーム上のANSYS製品の利用は数時間で開始でき、シミュレーションのスループットが向上します。それによって企業はより多くの革新を実現し、製品の品質を向上させ、コスト削減と市場投入までの時間を短縮できます。」ANSYSのプロダクトマネジメント担当ディレクターTodd McDevittは語ります。 「ITおよびエンジニアリングマネージャーに、ハードウェアとソフトウェアの詳細な使用状況レポートと予算管理の機能を提供するRescale管理ポータルには大きな価値があります。」
Rescaleを通してオンデマンドのANSYS Elastic Licensingの購入を検討されるANSYSのお客様は、ScaleX販売代理店もしくは当社へご連絡ください。

Related articles

NASCARのRichard Childress Racingがクラウドにスピードを求める必要性

Richard Childress Racing(RCR)のSeth Morris、Aerodynamicist(空気力学担当)による寄稿 ストックカーレースの世界では、ほんの小さな優位点を見つけることが勝敗に影響します。 このことが、Richard Childress Racing(RCR)が、自身でレースカーの設計から組み立てまでをエンドツーエンドで行う理由です。私たちは、独自のシャーシとサスペンションのコンポーネントをエンジニアリングし、加工し、私たち自身のボディを設計・製造し、独自のエンジンを製造しテストします。要するに、RCRでは、すべてがを一から構築します。 おそらくそれが私たちの48年の歴史の中で成功した理由です。私たちのオーナー、Richard ChildressがNASCARのレーサーとしてスタートした1969年にさかのぼります。それ以来、私たちは17回のチャンピオンシップと200回のレースで優勝し、NASCARトップツアーシリーズの3つすべてで勝利した最初のチームになりました。 Richardと、伝説に残るドライバーDale Earnhardtとのパートナーシップにより、RCRは1986年から1994年までの期間に6回のCup Seriesのチャンピオンシップを誇るエリート組織となりました。 現在、RCRには、機械設計、空力学、シミュレーション、戦略、研究開発など、50以上のエンジニアリングスタッフを擁して、500人以上の従業員、40エーカーのキャンパス、8つのフルタイムレースチームがあります。エアロダイナミクスのチームは6名のエンジニアと風洞でのテストのためのコンポーネントの製作をの4名の担当者で構成されています。これらの6人のエンジニアのうちの3人は、計算流体力学(CFD)を使用して車の空力特性をシミュレートすることに専念しています。

read more »

Rescale, Inc.、ANSYSのソフトウェア製品とElastic LicensingをRescaleプラットフォームに導入

RescaleとANSYSは戦略的パートナーシップを締結し、Rescaleのスケーラブルでターンキー型のクラウドベースプラットフォーム上でのANSYSのエンジニアリングシミュレーションソフトウェアの提供範囲を拡大し、ANSYSの新しいクラウドコンピューティング向けのANSYS Elastic Licensingを利用可能にすることを発表いたしました。ANSYSのユーザーは従来の年間ライセンスおよび永久ライセンスに加え、Elastic LicensingをRescaleプラットフォームで利用できるようになります。 ANSYSは、構造力学、数値流体力学(CFD)、電磁気学、陽解法、およびこれらの物理学の組み合わせを含む物理学の全範囲にわたるシミュレーション主導のソフトウェアツール群を提供しています。Rescaleの強力なターンキーシミュレーションプラットフォームでは、これらのうち8つのソフトウェア(CFX、CHEMKIN-PRO、Fluent、HFSS、Maxwell、Mechanicalなど)が事前設定され、最適化も行われています。ANSYSのユーザーは、ブラウザーを使用してRescaleプラットフォームにアクセスすることで、25以上の地域にある60以上のデータセンターで構成されるRescaleのグローバルマルチクラウドHPCネットワーク上で、高度なエンジニアリングシミュレーションを簡単に実行することができます。エンジニアは、シミュレーションを数千のCPUコアへスケールアウトできるだけでなく、安価なHPC構成から最先端のベアメタルシステム、低レイテンシのInfiniBandインターコネクト、最新のIntelおよびNVIDIAチップセットまで、ANSYSスイートの多様なニーズ向けに最適化されたハードウェア構成を選択できます。 従量課金型のハードウェアとANSYS Elastic Licensingは、エンジニアリング企業が直面するシミュレーション負荷の変動に対して、ダイナミックなHPCリソースを対応できるようにし、製品の設計サイクルを短縮し、ITの機敏性を向上させます。 「お客様は、当社のターンキーソリューションと従量課金型ハードウェアが提供する柔軟性を好んでおり、ANSYSソフトウェアユーザーにその柔軟性を広げることができて嬉しく思います。」と、Rescaleの共同設立者兼最高経営責任者(CEO)のJoris Poortは述べます。「アジャイル・リソースは、相互に関係するお客様がコンピューティングとシミュレーションを活用して、幅広い業界で新しいイノベーションをより早く推進できるよう支援するものです。さらに、企業は、Rescaleプラットフォームに組み込まれた管理およびコラボレーションツールを活用して、リソースを管理し、設計ポートフォリオ全体の結果を向上させることができます。また、エンタープライズレベルの暗号化、SOC2準拠およびITAR準拠などのクラス最高のセキュリティ機能を提供するプラットフォームを利用することができます。」 ANSYSのエンタープライズソリューション&クラウド担当副社長であるRay Milhem氏は、次のように述べています。「私たちは、包括的なエンジニアリングシミュレーションソフトウェア製品を使用して、お客様に常にさまざまな導入オプションを提供してきました。今では、RescaleとElastic Licensingでソフトウェアを利用できるようにすることで、シミュレーションやハードウェアを弾力的に拡張してプロジェクトのタイミングの要求をより良く満たすオプションを提供しています。それによってエンジニアは、以前よりも多くのパワーと柔軟性を有することができます。 Rescaleについて Rescaleは、クラウドでのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)とシミュレーション、およびディープラニングにおいて業界をリードするグローバルなサービスプロバイダーです。Rescaleは、グローバル・フォーチュン500をはじめとする多くの企業のエンジニアや科学者に向けて、革新的な新製品の開発と、より速くより低コストに画期的な研究開発を実現するためのサービスを提供しています。Rescaleプラットフォームは、世界で最も強力で広大なハイパフォーマンス・コンピューティング・ネットワーク上で構築されており、従来の柔軟性を欠くIT資源を、フレキシブルな、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウドの資源に転換します。 Rescaleの製品やサービスに関する詳細情報については、www.rescale.jpをご覧ください。

read more »