From the blog

Rescaleとアルゴグラフィックス、 クラウドCAE/HPCサービスARGO sFlexNavi powered by Rescaleを提供開始

argorescale
Rescale, Inc.(CEO:Joris Poort、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下Rescale)と、株式会社アルゴグラフィックス(CEO:藤澤 義麿、本社:東京都中央区、以下アルゴグラフィックス社)は、CAE/HPC クラウドシステム提供のためのOEM契約を締結し、アルゴグラフィックス社を通してクラウド基盤を活用したCAE/HPCサービス「ARGO sFlexNavi(仮称)」の販売を2016年10月(予定)より開始いたします。今回のOEM契約により、Rescaleが提供する標準機能を基盤として、アルゴグラフィックス独自のソフトウェアおよび活用支援のための付加サービスをRescaleのWEBポータルと統合して提供することが可能になりました。

アルゴグラフィックス社は、主要な事業の一つであるHPC(High Performance Computing)システムの構築・カスタマイズ及び運用支援について、これまでオンプレミス環境でサービスをご提供してまいりましたが、本契約により、迅速なHPC環境の構築、ピーク時における柔軟な計算資源の確保といったクラウド基盤の特質を生かしたサービスのご提供が可能となります。
昨今、製造業においてバーチャル・シミュレーションの需要が高まっております。Rescaleが提供するCAEクラウドシステム上の解析環境のオンデマンド利用により、多彩なシミュレーションがより短時間で実行可能になり、製品品質の向上と開発期間の短縮に貢献します。
また、計算リソース確保の柔軟性を生かして、新規解析システムの導入に際して、評価段階での低コスト導入を実現し、投資効果を確認しながら順次適用拡大を実現することに役立ちます。
実行可能なプログラムはCAEソフトウェアを中心としたオープンソースを含め180種類以上、さらに複数のバージョンが用意されているため迅速な業務適用開始が可能です。また、大規模ファイル転送の必要性を最低限に抑えるため、解析結果ファイルのポスト処理はGPUで高速化されたデスクトップ環境も提供しています。更に、解析作業の効率化や運用作業の軽減を実現するため、実験計画法の導入や最適化処理といった解析業務に特化した機能、ユーザーインターフェースや実行ジョブの管理機能なども備えています。
セキュリティ面については、SOC 2、ITAR、CSA などに対応したセキュリティ保護・運用体制を構築しております。
アルゴグラフィックス社は、解析ジョブの最適な振り分けを実現するオンプレミスとクラウドを併用したハイブリッドシステムなど、オンプレミス解析プラットフォーム構築で培ってきたノウハウを活かした独自の高付加価値サービスを今後提供してまいります。
アルゴグラフィックス代表取締役 CEO 藤澤義麿:「アルゴグラフィックスはお客様のCAE解析に対する要求の高度化や高速化に対し価値ある製品やサービスをお届けすることを使命と考えています。そのために必要な基盤構築の一環として、更にお客様の利便性向上による需要の拡大を図るために今回のパートナーシップ締結に至りました。」
Rsecale, Inc. CEO Joris Poort:「多彩なサービスと製品を取り扱い、日本におけるシミュレーションマーケットの真のリーダーでありイノベーターであるアルゴグラフィックス社とのパートナーシップを締結することはたいへん喜ばしいことです。我々のパートナーシップと連携ソリューションは、広範なクラウドベースの新しい可能性をアルゴグラフィックスの顧客へ提供し、既存のシミュレーションプロダクトを拡張し、イノベーションをもたらす新しいプラットフォームを創造します。」
【アルゴグラフィックスの概要】
アルゴグラフィックスは 1985 年より PLM(Product Lifecycle Management) および HPCにおけるソリューションプロバイダーとして活動しており、国内の製造業各社に対し、製品・部品の設計及び性能や品質の検証を行うためのコンピュータ・システムの販売を行うと共に、お客様がそれらのシステムを効率的、且つ安定的に運用するために必要な各種のテクニカルサービスを提供することを中核的な事業としております。また、同社は PLM ビジネス以外に、政府系研究所や大学向けに、各種の科学技術計算用の高速計算システムを販売し、ネット-ワークを含めたコンピューティング・インフラの構築業務も行っています。
<ホームページ>
http://www.argo-graph.co.jp/
【Rescaleの概要】
Rescaleは、2011年に設立された、シミュレーションソフトウェアとHPCソリューションにおいて世界をリードするクラウドプラットフォームサービスプロバイダーです。卓越したシミュレーションソフトウェアと大規模な商用環境で利用可能なHPCインフラにより、ウェブベースのアプリケーションを通じて、セキュアかつシームレスなプラットフォームソリューションを提供しています。米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構えており、フォーチュングローバル500に名を連ねる航空宇宙産業、自動車、生命科学、船舶、消費者向け製品、およびエネルギー分野における主要企業がサービスを利用しております。
<ホームページ>
http://www.rescale.com/jp/

Related articles

複数ジョブ実行時の時間と経費を節約する新機能:Persistent Clusters (永続クラスター)

RescaleのRahul Vergheseが、2017年1月19日に記載したBlog記事の翻訳です。 元記事はIntroducing Persistent Clusters: a New Feature to Save Time & Money with Multiple Jobsをご覧ください。 Rescaleは、最新のデプロイメントで新機能のPersistent Clusters (以下、「永続クラスター」:マニュアルで起動/削除可能なクラスター)をリリースしました。この機能を有効にすることで、複数のインスタンスを起動してクラスタを構築し、シャットダウン(訳注:Rescaleシステムではシャットダウン後インスタンスは削除されます)することなく、Rescaleワークフロー(Web UI)を使用して複数のジョブを順番に同じクラスターへ投入できます。以前は、各ジョブ毎にクラスターが稼働し、ジョブの完了後は自動的にシャットダウンされるため、複数の小さなジョブを実行すると遅延が発生する可能性がありました。この新しい機能により、繰り返し処理の高速化が可能になります。これは、テストや同じハードウェア構成を必要とする複数のジョブに特に便利です。 時間とお金を節約 一般に、各クラスターがスピンアップしてシャットダウンするまでには数分かかります。永続的クラスターを有効にしておくと、クラスターに追加する各ジョブの時間とコストを節約できます。 なぜ? 標準のクラスターは、ジョブが完了すると自動的にシャットダウンし、後続のジョブも同じように起動してシャットダウンするため、別々のクラスターとしてそれぞれ課金されます。(訳注:通常、たとえ10分の計算であっても1時間分の課金となるため、10分で完了する連続する2つのジョブを実行した場合、2時間分が課金されます)一方で、永続クラスターを使用すると、クラスターはすぐに次のジョブの実行に使用できるようになるため、ジョブ間で別のクラスターをシャットダウンして起動させる時間を無駄にしません。それによって、同様のジョブを多数立ち上げるユーザーにとって、時間とコストを大幅に節約することになります。(訳注:上記の例だとちょうど10分の計算を待ち時間なく2つ連続的に実施できることになり、1時間分の課金で収まることになります。)

read more »

Rescale Japan – 引っ越ししました

Rescale Japanは、6月1日より新オフィスでの業務を開始いたします。 以前の大手町のオフィスは、グローバルビジネスハブ東京という三菱地所が運営するベンチャー向けのオフィススペース内にある、当社へ出資いただいているトランスリンクキャピタルの部屋の一部を間借りしていました。 グローバルビジネスハブ東京は、大手町という東京のビジネスの中心地に位置しているのでイメージも良く、またイベント用のスペースの使い勝手がとても良かったこともあり、特にセミナー/イベントでは重宝していたのですが、メンバーが増えて現在のスペースでは手狭になったのと、特に大企業のお客様から取引条件として独立したオフィススペースで機密情報を扱うことを求められる場合が今後増えてくることを考慮して移転することになりました。

read more »