Announcements

Rescale、HPCシステムをクラウドへ拡張するためのハイブリッドクラウドを実現する新機能を発表

本リリースは先月開催されたISC2018において発表された内容の日本語訳となります。 Rescale、HPCシステムをクラウドへ拡張するための ハイブリッドクラウドを実現する新機能を発表 ~ソフトウェアの導入だけで比較的容易に統合できるソリューションを提供~ クラウドHPCのリーディングプロバイダーであるRescale, Inc.(CEO:Joris Poort、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下 Rescale)は、組織が社内で利用しているオンプレミスのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)システムをクラウドへ拡張するためのハイブリッドクラウドを実現する新機能を発表いたしました。現在、HPCマーケットの多くは、オンプレミスのインフラストラクチャーへ多大な投資をしています。しかし、先進的な企業は、クラウドの柔軟性、スケーラビリティー、迅速なイノベーションの活用をし多大な効果を実現しています。

Read More

RescaleがScaleXクラウドHPCプラットフォームにCST STUDIO SUITEをサポート

Rescale, Inc.は、ダッソー・システムズ、SIMULIAブランド傘下のComputer Simulation Technology(CST®)社とパートナーシップを結び、Rescaleが提供する世界最大級のハイパフォーマンスコンピューティングプラットフォームであるScaleXにCST STUDIO SUITEをサポートし、エンジニアや科学者へ高性能シミュレーション環境を提供することを発表いたしました。 CST STUDIO SUITEは、電磁界シミュレーション用のクラス最高のソフトウェアパッケージです。顧客は、大規模なシステムレベルのシミュレーションに高性能のITリソースを必要とすることがよくあります。特にマルチパラメーター最適化では、ランタイムを短縮することによって設計に掛かる処理量と製品の市場投入までの時間を短縮できます。そのようなITリソースは伝統的にはオンプレミスで利用されていましたが、ハードウェア導入や設定、管理維持に多大コストが掛かるにもかかわらず、新しい技術の登場によって3年程度で陳腐化される傾向があります。 Rescaleは、この状況に対応する代替案になるスケーラブルでセキュアなターンキー型のクラウドプラットフォームを提供しています。CST STUDIO SUITEは、この最先端のハードウェアをサポートする世界でも有数な高性能コンピュータネットワーク上で動作します。

Read More

Rescale™が最先端テクノロジーへのアクセスを可能にする新プラットフォーム、ScaleX™ Labsを発表

Intel®Xeon Phi™プロセッサーとIntel® Omni-Pathアーキテクチャーを搭載した、次世代の計算能力をクラウドへ提供 Rescale, Inc.は、R Systems社が管理するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)インフラストラクチャー上で、Intel®Xeon Phi™プロセッサーとIntel® Omni-Path Fabric を搭載した最先端技術へのアクセスをを提供するプラットフォーム、ScaleX Labsを発表しました。このコラボレーションにより、Rescaleの大規模計算向けのクラウドプラットフォームに、驚異的なスピードの次世代計算環境をもたらすことになります。

Read More

EDEMがGPUに最適化されたソルバーエンジンをRescaleのクラウドプラットフォームに導入

RescaleとEDEMは、ハイ・パフォーマンス・コンピューティングのためのスケーラブルでオンデマンドのクラウドプラットフォームであるRescale ScaleXプラットフォーム上で、EDEM GPUソルバーエンジンをサポートしたことを発表しました。GPUソルバーは、EDEMの最新リリースにおける最も重要な追加機能で、シングルノードでのCPUのみのジョブ実行と比較して、パフォーマンスが2倍から10倍に向上します。 EDEMは、鉱業、建設、およびその他の産業分野においてバルク材料・粒子を処理する機器を仮想試験するための離散要素法技術(Discrete Element Method、DEM)シミュレーションソフトウェアを提供しています。EDEMソフトウェアは、2016年7月よりRescale ScaleXプラットフォームで利用可能となっています。 EDEMのCEO、Richard LaRocheは次のようにコメントしています。「EDEM GPUソルバーの導入は、大規模なシミュレーションをより速く実行できるようにすることで、顧客の生産性向上に多大なインパクトを提供します。Rescaleとのパートナーシップにより、より多くのユーザーがRescaleのクラウドプラットフォームを通じて最新GPUにアクセスすることによってDEMエンジンのパワーを活用できるようになります」 Rescaleプラットフォーム上でのGPUソルバーのサポートによって、ユーザーはより短い時間で処理結果を得られ、設計革新に深い影響を与えることができます。RescaleでのEDEMのGPUソルバーのサポートは、両社のパートナーシップの強化も意味します。 RescaleのCEO、Joris Poort氏は次のように述べます。「RescaleのGPUは最先端のコンピューティングハードウェアです。また、EDEMはGPU機能活用のためのソフトウェア最適化に関して先行しています。私たちは、この先進的なシミュレーションソリューションをクラウドにもたらし、あらゆる場所のエンジニアにHPCを容易に利用可能にするためのパートナーとして誇りに思っています」 EDEMについて EDEMは、バルク材料・粒子シミュレーションのマーケットをリードする離散要素法技術(Discrete Element Method、DEM)ソフトウェアです。EDEMソフトウェアは、鉱業、建設機器、オフロード車、農業機械、およびプロセス産業の製造においてバルク材料を処理または処理する機器の「仮想試験」に使用されます。世界中の優良企業はEDEMを使用して機器設計の最適化、生産性の向上、運用コストの削減、製品開発サイクルの短縮、製品革新の推進に努めています。さらに、EDEMは世界中の200以上の学術機関での研究に使用されています。詳細については、www.edemsimulation.comをご覧ください。 Rescaleについて Rescaleは、企業でのハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)シミュレーション、およびディープラーニング(深層学習)を実行するための最先端のターンキー・プラットフォームを提供するトップベンダーです。RescaleのScaleXプラットフォームは、180種を超えるソフトウェアと世界最大かつ最も強力なHPCネットワーク上に構築された柔軟なハイブリッド、プライベート、パブリックのクラウドリソースを活用するスケーラブルでセキュアなオンデマンド・クラウドHPC環境です。ScaleXを利用することで設計者や研究者は、工学設計から科学技術計算、およびディープラーニングに至る幅広い分野において、より速く、より良い成果を得ることができます。

Read More

Rescale, Inc.、ANSYSのソフトウェア製品とElastic LicensingをRescaleプラットフォームに導入

RescaleとANSYSは戦略的パートナーシップを締結し、Rescaleのスケーラブルでターンキー型のクラウドベースプラットフォーム上でのANSYSのエンジニアリングシミュレーションソフトウェアの提供範囲を拡大し、ANSYSの新しいクラウドコンピューティング向けのANSYS Elastic Licensingを利用可能にすることを発表いたしました。ANSYSのユーザーは従来の年間ライセンスおよび永久ライセンスに加え、Elastic LicensingをRescaleプラットフォームで利用できるようになります。 ANSYSは、構造力学、数値流体力学(CFD)、電磁気学、陽解法、およびこれらの物理学の組み合わせを含む物理学の全範囲にわたるシミュレーション主導のソフトウェアツール群を提供しています。Rescaleの強力なターンキーシミュレーションプラットフォームでは、これらのうち8つのソフトウェア(CFX、CHEMKIN-PRO、Fluent、HFSS、Maxwell、Mechanicalなど)が事前設定され、最適化も行われています。ANSYSのユーザーは、ブラウザーを使用してRescaleプラットフォームにアクセスすることで、25以上の地域にある60以上のデータセンターで構成されるRescaleのグローバルマルチクラウドHPCネットワーク上で、高度なエンジニアリングシミュレーションを簡単に実行することができます。エンジニアは、シミュレーションを数千のCPUコアへスケールアウトできるだけでなく、安価なHPC構成から最先端のベアメタルシステム、低レイテンシのInfiniBandインターコネクト、最新のIntelおよびNVIDIAチップセットまで、ANSYSスイートの多様なニーズ向けに最適化されたハードウェア構成を選択できます。 従量課金型のハードウェアとANSYS Elastic Licensingは、エンジニアリング企業が直面するシミュレーション負荷の変動に対して、ダイナミックなHPCリソースを対応できるようにし、製品の設計サイクルを短縮し、ITの機敏性を向上させます。 「お客様は、当社のターンキーソリューションと従量課金型ハードウェアが提供する柔軟性を好んでおり、ANSYSソフトウェアユーザーにその柔軟性を広げることができて嬉しく思います。」と、Rescaleの共同設立者兼最高経営責任者(CEO)のJoris Poortは述べます。「アジャイル・リソースは、相互に関係するお客様がコンピューティングとシミュレーションを活用して、幅広い業界で新しいイノベーションをより早く推進できるよう支援するものです。さらに、企業は、Rescaleプラットフォームに組み込まれた管理およびコラボレーションツールを活用して、リソースを管理し、設計ポートフォリオ全体の結果を向上させることができます。また、エンタープライズレベルの暗号化、SOC2準拠およびITAR準拠などのクラス最高のセキュリティ機能を提供するプラットフォームを利用することができます。」 ANSYSのエンタープライズソリューション&クラウド担当副社長であるRay Milhem氏は、次のように述べています。「私たちは、包括的なエンジニアリングシミュレーションソフトウェア製品を使用して、お客様に常にさまざまな導入オプションを提供してきました。今では、RescaleとElastic Licensingでソフトウェアを利用できるようにすることで、シミュレーションやハードウェアを弾力的に拡張してプロジェクトのタイミングの要求をより良く満たすオプションを提供しています。それによってエンジニアは、以前よりも多くのパワーと柔軟性を有することができます。 Rescaleについて Rescaleは、クラウドでのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)とシミュレーション、およびディープラニングにおいて業界をリードするグローバルなサービスプロバイダーです。Rescaleは、グローバル・フォーチュン500をはじめとする多くの企業のエンジニアや科学者に向けて、革新的な新製品の開発と、より速くより低コストに画期的な研究開発を実現するためのサービスを提供しています。Rescaleプラットフォームは、世界で最も強力で広大なハイパフォーマンス・コンピューティング・ネットワーク上で構築されており、従来の柔軟性を欠くIT資源を、フレキシブルな、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウドの資源に転換します。 Rescaleの製品やサービスに関する詳細情報については、www.rescale.jpをご覧ください。

Read More

Rescale、IBM Cloudを活用したHPCとAIの利用環境を提供開始

RescaleがクラウドプロバイダーとしてIBMを採用し、前例のないパフォーマンスと、スケール、およびフレキシビリティーを顧客へ提供 クラウドHPC(High Performace Compuring)の世界的リーダー企業であるRescale, Inc.(以下、「Rescale」)は、グローバルなインフラ網を拡大するためのクラウドコンピューティングプロバイダーとしてIBM Cloudを採用したことを本日発表いたしました。IBM Cloud上でRescaleのシミュレーションとディープラーニング(深層学習)プラットフォームを提供することで、エンジニア、データサイエンティスト、CIO、およびITプロフェッショナルは、より広いグローバルリーチと、柔軟性、およびデータやグラフィックスを多用するワークロードに必要な巨大なパフォーマンスを得ることができるようになります。 Rescaleプラットフォーム  は、180種類以上のシミュレーションと機械学習アプリケーションのソフトウェアライブラリを提供し、膨大なビッグデータと計算を必要とするIT課題への取り組みを手助けします。企業は、世界中のIBM CloudデータセンターにあるRescaleのターンキー型SaaSプラットフォームを利用することができます。広く使われているディープラーニングおよびAIソフトウェアパッケージを従量課金型で上限なく利用可能なGPU環境上で利用できるため、組織は常に最先端のR&D環境を維持し続けることができます。IBM Cloudで提供されるRescaleプラットフォームは、クラウドにあるHPCリソースへの利用とシームレスなアクセスを可能にし、エンジニアやデータサイエンティストに対して効率性と製品化の促進を可能にし、IT担当幹部に対してはフルスタック環境の可視化と管理能力を増大させます。 「IBM CloudはHPCを自由に広く利用可能にします。Rescaleによって、私たちはHPC利用へのコスト的な障壁を破壊しただけではなく、素の状態コンピューティングパワーを使いやすく容易にアクセス可能にしました。」IBM Cloudプラットフォームのディレクター&特別エンジニア(Distinguished Engineer)、Marc Jonesは述べます。 企業は、データマイニング、機械学習とシミュレーションにおけるアプリケーションの技術とパフォーマンスの要件を満たすために、最新のNVIDIA®のGPU機能が採用されたIBMのベアメタルクラウドサーバーを選択することができるようになります。 IBMのGPU対応サーバーを時間単位で稼働できることによって、プライベート、パブリック、またはハイブリッドクラウド環境へのきめ細かな制御とスケーラビリティーを、企業へもたらします。最新のx86プロセッサとNVIDIAのGPUアクセラレータに加えて、Rescaleは、2017年にIBM OpenPOWERベースのサーバーへのサポートを拡張する予定です。 IBM Cloudが有するグローバルなHPCインフラストラクチャーのユニークなネットワーク基盤は、地域毎のセキュリティ要件を満たしながら、地域インフラへの低レイテンシのアクセスを提供するため、Rescaleが、北米、ヨーロッパ、日本などの地域をカバーする強力なビジネスを構築することを可能にしました。Rescaleのソリューションは、ライフサイエンス、ゲノミクス、CAE、製造、電子設計自動化や半導体、金融サービスなどの広い分野で、HPC業務を実践している企業へ重要な役割を提供します。 Rescaleプラットフォーム上で、シミュレーションとHPCワークロードを実行することによる、Rescaleの顧客のメリットは以下の通りです: 市場への迅速な製品展開 – 設計サイクルの短縮とソフトウェアの開発の改善、 IT設備投資の減少やTCOやROIの改善 – 必要なものだけを利用するクラウドベースの従量課金モデル ITアジリティー – グローバルなコラボレーションとHPCインフラストラクチャへのアクセスを実現 統合ソリューション – オンプレミス、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウド、およびIoTネットワークをカバー 「今日起こっているIT技術革新のほとんどは、クラウドファーストモデルです。」と、Rescaleの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のJoris Poortは述べます。 「私たちは、世界のトップ科学者や思想家が満足し、アイデアを加速させることができるプラットフォームを構築しています。自動車設計から、新薬の発見、さらには実際のロケット科学まで、我々は各分野のリーダーであるお客様へ、より速く、より多くの革新を達成するための力を与えています。」 【Rescaleについて】 Rescaleは、クラウドでのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)とシミュレーション、およびディープラニングにおいて業界をリードするグローバルなサービスプロバイダーです。Rescaleは、グローバル・フォーチュン500をはじめとする多くの企業のエンジニアや科学者に向けて、革新的な新製品の開発と、より速くより低コストに画期的な研究開発を実現するためのサービスを提供しています。Rescaleプラットフォームは、世界で最も強力で広大なハイパフォーマンス・コンピューティング・ネットワーク上で構築されており、従来の柔軟性を欠くIT資源を、フレキシブルな、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウドの資源に転換します。 Rescaleの製品やサービスに関する詳細情報については、www.rescale.jpをご覧ください。 […]

Read More