Japanese

Rescale Japan オフィス移転のお知らせ

Rescale Japanは事業拡大に伴い今月より新しいオフィスへ移転致しました。約二年近く渋谷を拠点としていましたが、東京駅からも近い大手町ビル内に新しくできたInspired.Labというテクノロジー系の企業が集まるコラボティブスペース内に新オフィスを構えます。 お近くへお越しの際はお立ち寄りください。 オフィス住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6階 Inspired.Lab M3 [Google Map]

Read More

ハイパフォーマンスストレージ(HPS)とエンドツーエンドデスクトップを発表 — より早く結果を得るための新機能

前週に開催されたSC2018において、High Performance StorageとEnd-to-End desktopsの二つの新しい機能拡張を発表いたしました。原文はこちらです。 Rescaleは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークフローに新しい機能 — ハイパフォーマンス・ストレージ(HPS)と、エンドツーエンドデスクトップ — を追加したことを発表いたしました。これらのツールを利用することで、企業は効率を高めチームのコラボレーションを強化することができます。

Read More

Rescale、HPCwireのEditors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞

SC18にて、当社がHPCwireの「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞したことをお知らせします。原文はこちらです。 なお、昨年はBoom社の事例で、Best Use of HPC in the CloudのReader’s Choice Awardを受賞しています。 Rescale、クラウドプラットフォームでHPCの最優秀HPCで2018 HPCwire編集者賞を受賞 クラウドのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、本年度のHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードにおいて、「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞しました。 この賞は、RescaleScaleX®マルチクラウドプラットフォームが、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するために、ソフトウェアアプリケーションと、クラウドもしくはオンプレミスにある最適なアーキテクチャーをシームレスに対応させるという、最も強力なHPCインフラストラクチャー上に構築されたものであることを際立たせるものです。Rescaleは、顧客がHPCをクラウドに拡張し、組織のデジタルトランスフォーメーションを加速できるようにすることで、ハイパフォーマンスコンピューティング市場を変革しています。 この賞は、テキサス州ダラスで開催されたスーパーコンピューティング2018(SC18)において発表されました 。

Read More

公的機関向けのセキュアなHPCプラットフォーム提供を推進

Rescale Inc.が2018年11月9日に発表したプレスリリースの翻訳です。原文はこちら クラウドでのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、公的機関向けにセキュアなHPCプラットフォームの提供に向けて推進していることを発表いたしました。 Rescaleは、業界の最も厳しいセキュリティ基準を満たすか、もしくは、それを超えたものを提供しており、企業が受け入れる保証プログラムと規制に準拠しています。 Rescaleは毎年、Rescaleのプラットフォーム、データ、ポリシー、および手続きに関するセキュリティ、可用性、処理の完全性、機密性、およびプライバシーを評価するSOC 2 Type 2認証を保証するための監査を行っています。 Rescaleのプラットフォームソリューションは、ITAR(注1)とEAR(注2)の両方に準拠しています。さらに、RescaleのプラットフォームソリューションはHIPAA(注3)に準拠し医療情報の安全保護への懸念に対して応えています。Rescaleは、世界中の125社以上の企業のミッションクリティカルで機密性が高い企業固有のデータを預かっており、業界をリードしています。

Read More

Rescale、ストラテジックパートナープログラムを発表

Rescale, Inc.が2018年9月18日付けで行ったプレスリリースの日本語訳です。日本での正式な展開に付いては後日アナウンスを予定しています。 Rescale、ストラテジックパートナープログラムを発表 Powered by Rescaleプログラムは、パートナーが顧客へエンタープライズ・ビッグ・コンピュートを提供することを可能にします。 クラウドにおけるエンタープライズ・ビッグ・コンピュートのリーダーであるRescaleは、本日、Powered by Rescaleプログラムの立ち上げと、IBMが当プログラムの最初のパートナーとなったことを発表いたしました。 これによって、American Axle & Manufacturingや、DENSO International America, Inc.などの企業が、Rescaleと協力して安全に製品のイノベーションを管理し、市場に投入することができるようになりました。 Powered by Rescaleプログラムのパートナーは、クラウド内のターンキー・ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)をパートナー保有の設備で提供できるようになります。

Read More

エンタープライズクラウドHPCプラットフォームを提供するRescaleが、3,200万ドルの資金調達を実施

より安全で、かつ迅速なPaaSプラットフォームへの製品開発を強化 クラウドにおけるエンタープライズ・ビッグコンピューティングのリーディングカンパニーであるRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下、「Rescale」)は、3,200万ドルのシリーズB第三者割当増資を完了したことを発表いたしました。過去ラウンドを合わせると総調達額は5,200万ドルとなります。 Rescaleは、 2017年において世界で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の一つで、毎月30%の伸びを達成しています。

Read More

Rescale、HPCシステムをクラウドへ拡張するためのハイブリッドクラウドを実現する新機能を発表

本リリースは先月開催されたISC2018において発表された内容の日本語訳となります。 Rescale、HPCシステムをクラウドへ拡張するための ハイブリッドクラウドを実現する新機能を発表 ~ソフトウェアの導入だけで比較的容易に統合できるソリューションを提供~ クラウドHPCのリーディングプロバイダーであるRescale, Inc.(CEO:Joris Poort、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下 Rescale)は、組織が社内で利用しているオンプレミスのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)システムをクラウドへ拡張するためのハイブリッドクラウドを実現する新機能を発表いたしました。現在、HPCマーケットの多くは、オンプレミスのインフラストラクチャーへ多大な投資をしています。しかし、先進的な企業は、クラウドの柔軟性、スケーラビリティー、迅速なイノベーションの活用をし多大な効果を実現しています。

Read More

2018年のプロダクトロードマップをチラ見せ- Part 2

プロダクトマネージメント担当ディレクター、Dave Anselmi による投稿です。 原文はこちら。 ScaleXの新機能や改良など今後のロードマップを解説した前回の記事では、クラウドの堅牢性、アプリケーションソフトウェア、およびライセンスについてカバーしました。今回は、デスクトップとビジュアライゼーション、HPCワークフロー、エンタープライズ組織管理、セキュリティとコンプライアンス、(マルチクラウド、マルチリージョンネットワークでの)データ転送と管理、ハードウェアとハードウェアプロバイダーに付いてお知らせします。計画しているこれらのことは、皆さまにとって刺激的なものになるでしょう。

Read More

2018年のプロダクトロードマップをチラ見せ- Part 1

プロダクトマネージメント担当ディレクター、Dave Anselmi による投稿です。 原文はこちら。 2018年に入り、Rescaleで我々は、シリコンバレーで最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業としての勢いを維持し、とりわけクラウドHPCにおいて最先端技術の進化を続けられることに興奮しています。 2017年は当社の製品チームにとって忙しい一年でした。昨年は、Skylakeを含む25の新しいアーキテクチャー、最新のNVIDIA GPU製品P100とV100、新しいベアメタルプロバイダーとインテグレーションパートナー[1][2][3]へのアクセスをプラットフォームに追加しました。 HPCワークフローのサポートを強化し、再利用可能なクラスターとブラウザー内SSHを導入し、大規模DOEのサポートを追加し、最適化フレームワークとANSYS RSMの大幅な改善を行いました。ライセンシングの観点からは、ANSYSおよびLS-DYNAのオンデマンド ペイパーユースライセンスを追加し、STAR-CCM+およびANSYSのライセンス可用性ベースのキューイングを提供し、ライセンスサーバーアクセスを自動化しました。(新しいスタートアップ向けのプログラムで使用) 。ネイティブクラウドのプレおよびポスト処理を実現するためにブラウザー内のデスクトップを導入しました。エンタープライズ管理者向けには、デポジットプライシングのサポート、スポットプライシング提供地域の拡大、ワークフロー/予算/データ制限の管理制御の機能を強化しました。データを安全に保つため、高度な接続セキュリティーと企業向けのアウトバウンドインターネットブロッキングも追加しました。最後に、ScaleX Labsを使用したIntelの最新アーキテクチャーへの早期アクセスプログラムを提供しました。

Read More

Rescaleは、2017年にシリコンバレーで最も急速に成長するエンタープライズソフトウェア企業の一社となりました

日本語版の掲載が遅くなってしまいましたが、当社CEO Joris Poortが昨年末に投稿した、2017年を振り返った記事の翻訳です。原文はこちらになります。 今年の終わりを迎えて、私はRescaleで成し遂げた進歩を皆さんに共有できることに大変興奮しています。当社は、Big ComputeとクラウドHPCソリューションをマーケットでリードするだけでなく、市場で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の1つです。昨年は、100以上の新規企業顧客を獲得し、航空宇宙、自動車、ライフサイエンス、大学の複数の主要な産業分野で急速に成長し、また、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの世界の広範囲にわたる地域での展開を加速するなど、忙しい一年になりました。 当社の顧客は、ScaleX Enterpriseプラットフォームと各業界ソリューションのポートフォリオに深く関わっています。 ScaleXプラットフォームの使用量が1年を通して毎月30%づつ増加たことで、数多くのシリコンバレーの投資家がRescaleを2017年に最も成長率の高いエンタープライズソフトウェア企業として評価しています。顧客は、複雑な航空力学に関する開発を行うエアバス社、韓国で最初のクラウドベースのエンジニアリング環境を導入したLSIS社、企業全体でハイブリッドHPCを導入しているRWDI、次世代超音速ジェットライナーを開発するBoom Supersonic社などがあります。

Read More