Product Info & Tutorials

In-Browser Desktops (ブラウザー内仮想デスクトップ):HPCの視覚化を即座に開始

RescaleのアプリケーションエンジニアのAlex Huangがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事はIntroducing In-Browser Desktops: Instantly Launch Powerful HPC Visualizationsをご覧ください。 Alex Huang – 2017年1月30日 Rescaleは、便利な新機能であるIn-Browser Desktop(ブラウザー内で利用できる仮想デスクトップ環境)を当社のプラットフォームへ導入しました。この新機能によって、最新のWebブラウザーを利用するだけで、プレ/ポスト処理と視覚化のニーズに対応する、GPUアクセラレーションを利用したリモートデスクトップに接続できます。 In-Browser Desktopsは、実行中のジョブから視覚化ノードを起動するための最速の方法です。パスワードの設定、接続ファイルのダウンロード、トンネリングのためのスクリプトの実行は必要ありません。これは、ファイアウォールがあっても、HTTPSで簡単かつ安全にリモートデスクトップへアクセスできることを意味します。ブラウザーを通して、すべてシームレスかつ安全に実行されます。 デスクトップに接続する場合、In-Browser Desktopを使用するか、RDP(Remote Desktop Protocol)またはVNC(Virtual Network Computing)クライアントファイルをダウンロードして、すでに利用している自分のリモートデスクトップクライアントを使用することもできます。 実行中のジョブからの視覚化のためにn-Browser Desktopを起動する方法は次のとおりです。 ステップ1:実行中のジョブに対して“Visualize” (可視化)を選択します。 In-Browser Desktopの起動:ステップ1 ステップ2:“Launch” (起動)を選択して、デスクトップ設定を確認します。 ブラウザー内デスクトップの起動:手順2 ステップ3:“Connect using In-Browser Desktop”(In-Browser Desktopを使用して接続する)をクリックし… In-Browser Desktopの起動:手順3 […]

Read More