From the blog

ISIDとRescale、クラウドCAE事業で戦略的提携

大規模解析プラットフォーム「ScaleX®」を活用したインテグレーションで 大手製造業のクラウド活用を支援

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下「ISID」) とRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下「Rescale」)は本日、クラウドCAE事業において戦略的パートナー契約を締結し たことを発表します。

両社は本提携を通じ、Rescaleの持つクラウドHPC/CAEシミュレーションプラットフォーム「ScaleX(スケールエックス)」と、ISIDが有する国内製造業へのクラウドCAE導入ノウハウや大規模システムインテグレーションの知見を組み合わせ、大手製造業における本格的なクラ ウドCAE活用を支援してまいります。本提携に先立ち、両社はすでに日本の大手自動車メーカーの大規模クラウドCAE導入プロジェクトを開始しています。

Rescaleが提供するScaleXは、CAE分野を中心とする300種以上のアプリケーションをマルチ クラウド環境で利用するための統合サービスです。グローバルはもとより、日本においても自 動車メーカーや大手素材メーカーなど多くの企業で導入されています。

ISIDは、日本市場におけるクラウドCAEサービスの提供で先駆的な役割を担い、これまで数多 くの製造業のクラウドCAE環境構築を支援してきました。近年は大手製造業が本格的なクラウ ド活用を加速させつつあり、その実現には、既存環境とクラウド環境のシームレスな連携や段 階的移行を伴う大規模なシステム開発が不可欠となっています。ISIDは、CAEとクラウドイン テグレーション双方の領域で深い知見を有する稀有なシステムインテグレーターとして、大手 製造業におけるScaleXの導入・活用を支援してまいります。

「ISIDは、Rescaleと協力して日本でScaleXプラットフォームを推進できることを大変嬉しく 思います。今回の提携を通じ、Rescaleの先進的なクラウドCAEプラットフォームとISIDの知見 を組み合わせることで、日本の製造業におけるクラウドCAE活用が飛躍的に拡大し、グローバ ルな競争力強化に貢献できるものと確信しています」と、株式会社電通国際情報サービスの上 席執行役員製造ソリューション事業部長である岩本 浩久は述べています。

「Rescaleは、ISIDとこのようなパートナー契約を締結できたことを非常にうれしく思います。このパートナーシップは、日本市場においてビジネス関係を推進するための鍵となるものであ り、その成功を確実にするためにも、ISIDと密接に協力することを楽しみにしています」と、Rescaleの共同設立者兼CEO(最高経営責任者)であるヨリス・ポート (Joris Poort) は述べてい ます。

【ScaleXの概要】

RescaleのScaleX CAEプラットフォームは、シミュレーションなど複雑で大規模なデータ処理 をオンデマンドで簡単に実行するためのクラウドサービスで、非常に強力なハイパフォーマン スコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されています。現在300種以上の商用 およびオープンソースアプリーションが搭載されており、利用者は使用したいアプリケーショ ン計算量や予算に応じた最適なハードウェアを組み合わせて簡単に処理を実行することができ ます。

【電通国際情報サービス(ISID) 会社概要】

社名 : 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者 : 代表取締役社長 名和 亮一
本社 : 東京都港区港南 2-17-1
設立 : 1975 年
資本金 : 81 億 8,050 万円
連結従業員 : 2,783名(2018年12月末現在)
連結売上高 : 91,024百万円(2018年12月期)
事業内容 : ISID は、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造 力で支えるテクノロジー企業 です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加 え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティ ングノウハウ、そして IoT やロボティクス、AI など先端技術の社会実装に向けたオープンイノ ベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューション を生み出し続けています。
<ホームページ>https://www.isid.co.jp/

【Rescale, Inc.会社概要】
社名 : Rescale, Inc.
Founder & CEO : Joris Poort
Founder & CTO:Adam Mckenzie
本社 : 33 New Montgomery St., Suite 950, San Francisco, CA 94105 USA
設立 : 2011年
日本法人: Rescale Japan株式会社(設立 : 2016年)
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
代表取締役 福田 敦彦
事業概要:Rescaleは、エンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウド で提供するリーディングカンパニーで、HPC、シミュレーション、およびビッグデータ向けク ラウドプラットフォームであるScaleXを全世界に向け提供しています。
<ホームページ>https://www.rescale.com/jp/

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション部
電話:03-6713-6100
email: g-pr@isid.co.jp

Rescale Japan株式会社
電話:03-6427-2800
email: info-japan@rescale.com

Related articles

Rescale、RescaleのScaleX Cloud HPCプラットフォームで、ANSYSソフトウェアを従量制ライセンスモデルによるオンデマンド提供を開始

クラウドHPCのリーディングプロバイダーであるRescaleは、エンジニアリングや科学、および数学分野におけるシミュレーションや科学技術計算向けにクラウドの巨大なコンピュートリソースを提供するために設計されたRescaleのScaleX(SaaSプラットフォーム)から顧客がアンシス社が提供するANSYS Elastic Licensingを直接購入し利用できるようになったことを発表しました。 ANSYS Elastic Licensingは、構造、流体、およびエレクトロニクスソリューションを含むANSYSのエンジニアリングシミュレーション製品群に向けた、従量制のライセンスモデルです。 ScaleXでのANSYSシミュレーションソフトウェアの提供によって、ほとんどすべての業界の企業が、製品の設計や市場投入方法に変革をもたらすことになります。

read more »

クラウドHPCの3つの隠れたメリット

Rescaleの米国中部地域担当セールスのJJ Jonesがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事は3 Hidden Benefits of Cloud HPCをご覧ください。 企業は、クラウド上のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に移行し、柔軟で多様な、従量課金型のHPCリソースへのアクセスを実現しつつあります。同時に、これらの資産を管理することや膨大な資本と時間を費やすことの必要がなくなりました。シミュレーションをクラウドのHPCリソースへ移行することで、企業は以前からは想像もできない規模で多彩な標準タイプおよび特殊タイプのハードウェアを活用できます。クラウドを活用することで、エンジニアリングスタッフの潜在力を発揮し、イノベーションを次のレベルに引き上げることができます。クラウドHPCが成熟するにつれて、これらの明らかな利点は、HPCワークロードに対するクラウドへの動きを促進することです。しかし、定量化を明らかにしづらいその他の利点がしばしば見落とされていますが、それらは本当のクラウドの変革の力を表しています。 この記事では、クラウドに移行することで見過ごされがちな、変革上の3つの利点を見ていきます。 1.トップレベルのエンジニアのリクルーティングや雇用維持 多くの企業が、クラウド資源へアクセスできる環境を保有することが、高い能力を持つエンジニアのリクルーティングや雇用維持に役立つことに気付いています。業界(産業)に関係なく、技術者は仕事に最適なツールを求めています。最速のクルマを持つレースチームが確実に最も有能なドライバーを引き付けるように、最高のツールを提供する組織は最高の才能を引き付けることができます。チームに対して、クラウドで利用可能なシミュレーション機能にに対して深く幅広いアクセスを提供する企業は、現在のハードウェア環境に対する不満を防ぎます。新しい技術が利用できるようになると、エンジニアは既存の社内リソースが完全に償却されるのを待つことなく、流通する最新のテクノロジーにアクセスすることができます。これは、最高の才能を引きつけ維持する企業の能力に顕著な影響を与えています。最近のクラウドカンファレンスでパネルの中であるグローバルCIOが次のように述べました。「従来のインフラストラクチャを利用しているなら、偉大なプレイヤーは得られません」 2.組織のアジリティ 見過ごされがちなもう一つの利点は、クラウドが組織にもたらす全体的な柔軟性です。革新的なアイデアを提供したり、新説を打ち立てたりするためには、企業や従業員は最新のテクノロジーにアクセスする必要がありますが、設備投資は痛みを伴う(そして危険な)決定になる可能性があります。いったん組織が資金を確保し、長期的な調達プロセスを維持すると、現在の作業負荷を中断することなく移行するために人材配置をどうしたらよいのかという葛藤に直面します。クラウドによって、企業は必要に応じて素早く資産にアクセスすることができます。さらに、既存のワークロードを拡張してシミュレーション時間を短縮し、同時シミュレーションを実行することで、チームが日常的なタスクをより迅速に実行できるようになり、将来的に実行可能なタスクに集中できるようになります。この俊敏性と応答性は、企業が自社製品を次のレベルに引き上げることを可能にします。 上記の利点についての最も良い点は、それらを実現するためにクラウドに完全に移行する必要がないことです。既存の社内HPCリソースを使用している組織でも、引き続きそのリソースを使用可能です。才能のあるエンジニアに可能性を与えたり、新製品をリリースしたりする必要がある場合、クラウドの利用が突発させることも可能です。これを行うには、クラウドプロバイダーがターンキーであり、使用に長期的なコミットメントを必要としないことが重要です。(P.S. Rescaleはそうではありません!) 3.ITではなく、組織のコアコンピタンスにフォーカス 最後に、クラウドによって、組織はそのコアビジネスに集中することができます。あなたは飛行機や自動車を作ることができますし、薬を創ったり人工知能ツールをデザインすることもできますが、あなたはIT企業ではありません。企業は、膨大な時間とコストを費やすことに慣れてきており、正しいコンピューティングリソースがコアビジネスをサポートできるようになります。過去には選択肢がありませんでした。クラウドを完全に活用することで、組織はビジネスを推進する重要な戦略目標に集中して、必要なリソースの保守や管理をそのリソースを主要ビジネスとする人々に任せることができるようになります。ITチームは、従業員中心型のプロセスのサポートに集中するのを止めて、顧客中心型の収益創出活動に集中することができるようになります。 これらの隠されたクラウドへの移行の利点は、ROIの計算には簡単には現れません。これらのつかみどころのない側面の真の価値を数値化することは困難です。つまり、明白な利点は、クラウドへの移行を正当化するのにあまりに多く語られています。しかし、これらのつかみどこころのない利点は、組織がクラウドに移行すると必然的に現れます。これらは損益計算書に数値として直接表示されないかもしれませんが、市場シェアや収益性のような中核的なビジネス目標の長期的な上昇を目にすることによって、これらの存在を知ることになります。

read more »

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *