From the blog

ISIDとRescale、クラウドCAE事業で戦略的提携

大規模解析プラットフォーム「ScaleX®」を活用したインテグレーションで 大手製造業のクラウド活用を支援

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下「ISID」) とRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下「Rescale」)は本日、クラウドCAE事業において戦略的パートナー契約を締結し たことを発表します。

両社は本提携を通じ、Rescaleの持つクラウドHPC/CAEシミュレーションプラットフォーム「ScaleX(スケールエックス)」と、ISIDが有する国内製造業へのクラウドCAE導入ノウハウや大規模システムインテグレーションの知見を組み合わせ、大手製造業における本格的なクラ ウドCAE活用を支援してまいります。本提携に先立ち、両社はすでに日本の大手自動車メーカーの大規模クラウドCAE導入プロジェクトを開始しています。

Rescaleが提供するScaleXは、CAE分野を中心とする300種以上のアプリケーションをマルチ クラウド環境で利用するための統合サービスです。グローバルはもとより、日本においても自 動車メーカーや大手素材メーカーなど多くの企業で導入されています。

ISIDは、日本市場におけるクラウドCAEサービスの提供で先駆的な役割を担い、これまで数多 くの製造業のクラウドCAE環境構築を支援してきました。近年は大手製造業が本格的なクラウ ド活用を加速させつつあり、その実現には、既存環境とクラウド環境のシームレスな連携や段 階的移行を伴う大規模なシステム開発が不可欠となっています。ISIDは、CAEとクラウドイン テグレーション双方の領域で深い知見を有する稀有なシステムインテグレーターとして、大手 製造業におけるScaleXの導入・活用を支援してまいります。

「ISIDは、Rescaleと協力して日本でScaleXプラットフォームを推進できることを大変嬉しく 思います。今回の提携を通じ、Rescaleの先進的なクラウドCAEプラットフォームとISIDの知見 を組み合わせることで、日本の製造業におけるクラウドCAE活用が飛躍的に拡大し、グローバ ルな競争力強化に貢献できるものと確信しています」と、株式会社電通国際情報サービスの上 席執行役員製造ソリューション事業部長である岩本 浩久は述べています。

「Rescaleは、ISIDとこのようなパートナー契約を締結できたことを非常にうれしく思います。このパートナーシップは、日本市場においてビジネス関係を推進するための鍵となるものであ り、その成功を確実にするためにも、ISIDと密接に協力することを楽しみにしています」と、Rescaleの共同設立者兼CEO(最高経営責任者)であるヨリス・ポート (Joris Poort) は述べてい ます。

【ScaleXの概要】

RescaleのScaleX CAEプラットフォームは、シミュレーションなど複雑で大規模なデータ処理 をオンデマンドで簡単に実行するためのクラウドサービスで、非常に強力なハイパフォーマン スコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されています。現在300種以上の商用 およびオープンソースアプリーションが搭載されており、利用者は使用したいアプリケーショ ン計算量や予算に応じた最適なハードウェアを組み合わせて簡単に処理を実行することができ ます。

【電通国際情報サービス(ISID) 会社概要】

社名 : 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者 : 代表取締役社長 名和 亮一
本社 : 東京都港区港南 2-17-1
設立 : 1975 年
資本金 : 81 億 8,050 万円
連結従業員 : 2,783名(2018年12月末現在)
連結売上高 : 91,024百万円(2018年12月期)
事業内容 : ISID は、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造 力で支えるテクノロジー企業 です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加 え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティ ングノウハウ、そして IoT やロボティクス、AI など先端技術の社会実装に向けたオープンイノ ベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューション を生み出し続けています。
<ホームページ>https://www.isid.co.jp/

【Rescale, Inc.会社概要】
社名 : Rescale, Inc.
Founder & CEO : Joris Poort
Founder & CTO:Adam Mckenzie
本社 : 33 New Montgomery St., Suite 950, San Francisco, CA 94105 USA
設立 : 2011年
日本法人: Rescale Japan株式会社(設立 : 2016年)
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
代表取締役 福田 敦彦
事業概要:Rescaleは、エンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウド で提供するリーディングカンパニーで、HPC、シミュレーション、およびビッグデータ向けク ラウドプラットフォームであるScaleXを全世界に向け提供しています。
<ホームページ>https://www.rescale.com/jp/

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション部
電話:03-6713-6100
email: g-pr@isid.co.jp

Rescale Japan株式会社
電話:03-6427-2800
email: info-japan@rescale.com

Related articles

Rescale、IBM Cloudを活用したHPCとAIの利用環境を提供開始

RescaleがクラウドプロバイダーとしてIBMを採用し、前例のないパフォーマンスと、スケール、およびフレキシビリティーを顧客へ提供 クラウドHPC(High Performace Compuring)の世界的リーダー企業であるRescale, Inc.(以下、「Rescale」)は、グローバルなインフラ網を拡大するためのクラウドコンピューティングプロバイダーとしてIBM Cloudを採用したことを本日発表いたしました。IBM Cloud上でRescaleのシミュレーションとディープラーニング(深層学習)プラットフォームを提供することで、エンジニア、データサイエンティスト、CIO、およびITプロフェッショナルは、より広いグローバルリーチと、柔軟性、およびデータやグラフィックスを多用するワークロードに必要な巨大なパフォーマンスを得ることができるようになります。 Rescaleプラットフォーム  は、180種類以上のシミュレーションと機械学習アプリケーションのソフトウェアライブラリを提供し、膨大なビッグデータと計算を必要とするIT課題への取り組みを手助けします。企業は、世界中のIBM CloudデータセンターにあるRescaleのターンキー型SaaSプラットフォームを利用することができます。広く使われているディープラーニングおよびAIソフトウェアパッケージを従量課金型で上限なく利用可能なGPU環境上で利用できるため、組織は常に最先端のR&D環境を維持し続けることができます。IBM Cloudで提供されるRescaleプラットフォームは、クラウドにあるHPCリソースへの利用とシームレスなアクセスを可能にし、エンジニアやデータサイエンティストに対して効率性と製品化の促進を可能にし、IT担当幹部に対してはフルスタック環境の可視化と管理能力を増大させます。 「IBM CloudはHPCを自由に広く利用可能にします。Rescaleによって、私たちはHPC利用へのコスト的な障壁を破壊しただけではなく、素の状態コンピューティングパワーを使いやすく容易にアクセス可能にしました。」IBM Cloudプラットフォームのディレクター&特別エンジニア(Distinguished Engineer)、Marc Jonesは述べます。 企業は、データマイニング、機械学習とシミュレーションにおけるアプリケーションの技術とパフォーマンスの要件を満たすために、最新のNVIDIA®のGPU機能が採用されたIBMのベアメタルクラウドサーバーを選択することができるようになります。 IBMのGPU対応サーバーを時間単位で稼働できることによって、プライベート、パブリック、またはハイブリッドクラウド環境へのきめ細かな制御とスケーラビリティーを、企業へもたらします。最新のx86プロセッサとNVIDIAのGPUアクセラレータに加えて、Rescaleは、2017年にIBM OpenPOWERベースのサーバーへのサポートを拡張する予定です。 IBM Cloudが有するグローバルなHPCインフラストラクチャーのユニークなネットワーク基盤は、地域毎のセキュリティ要件を満たしながら、地域インフラへの低レイテンシのアクセスを提供するため、Rescaleが、北米、ヨーロッパ、日本などの地域をカバーする強力なビジネスを構築することを可能にしました。Rescaleのソリューションは、ライフサイエンス、ゲノミクス、CAE、製造、電子設計自動化や半導体、金融サービスなどの広い分野で、HPC業務を実践している企業へ重要な役割を提供します。 Rescaleプラットフォーム上で、シミュレーションとHPCワークロードを実行することによる、Rescaleの顧客のメリットは以下の通りです: 市場への迅速な製品展開 – 設計サイクルの短縮とソフトウェアの開発の改善、 IT設備投資の減少やTCOやROIの改善 – 必要なものだけを利用するクラウドベースの従量課金モデル ITアジリティー – グローバルなコラボレーションとHPCインフラストラクチャへのアクセスを実現 統合ソリューション – オンプレミス、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウド、およびIoTネットワークをカバー 「今日起こっているIT技術革新のほとんどは、クラウドファーストモデルです。」と、Rescaleの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のJoris Poortは述べます。 「私たちは、世界のトップ科学者や思想家が満足し、アイデアを加速させることができるプラットフォームを構築しています。自動車設計から、新薬の発見、さらには実際のロケット科学まで、我々は各分野のリーダーであるお客様へ、より速く、より多くの革新を達成するための力を与えています。」 【Rescaleについて】 Rescaleは、クラウドでのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)とシミュレーション、およびディープラニングにおいて業界をリードするグローバルなサービスプロバイダーです。Rescaleは、グローバル・フォーチュン500をはじめとする多くの企業のエンジニアや科学者に向けて、革新的な新製品の開発と、より速くより低コストに画期的な研究開発を実現するためのサービスを提供しています。Rescaleプラットフォームは、世界で最も強力で広大なハイパフォーマンス・コンピューティング・ネットワーク上で構築されており、従来の柔軟性を欠くIT資源を、フレキシブルな、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウドの資源に転換します。 Rescaleの製品やサービスに関する詳細情報については、www.rescale.jpをご覧ください。 […]

read more »

Rescale、HPCwireのEditors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞

SC18にて、当社がHPCwireの「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞したことをお知らせします。原文はこちらです。 なお、昨年はBoom社の事例で、Best Use of HPC in the CloudのReader’s Choice Awardを受賞しています。 Rescale、クラウドプラットフォームでHPCの最優秀HPCで2018 HPCwire編集者賞を受賞 クラウドのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、本年度のHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードにおいて、「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞しました。 この賞は、RescaleScaleX®マルチクラウドプラットフォームが、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するために、ソフトウェアアプリケーションと、クラウドもしくはオンプレミスにある最適なアーキテクチャーをシームレスに対応させるという、最も強力なHPCインフラストラクチャー上に構築されたものであることを際立たせるものです。Rescaleは、顧客がHPCをクラウドに拡張し、組織のデジタルトランスフォーメーションを加速できるようにすることで、ハイパフォーマンスコンピューティング市場を変革しています。 この賞は、テキサス州ダラスで開催されたスーパーコンピューティング2018(SC18)において発表されました 。

read more »

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *