From the blog

ISIDとRescale、クラウドCAE事業で戦略的提携

大規模解析プラットフォーム「ScaleX®」を活用したインテグレーションで 大手製造業のクラウド活用を支援

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下「ISID」) とRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下「Rescale」)は本日、クラウドCAE事業において戦略的パートナー契約を締結し たことを発表します。

両社は本提携を通じ、Rescaleの持つクラウドHPC/CAEシミュレーションプラットフォーム「ScaleX(スケールエックス)」と、ISIDが有する国内製造業へのクラウドCAE導入ノウハウや大規模システムインテグレーションの知見を組み合わせ、大手製造業における本格的なクラ ウドCAE活用を支援してまいります。本提携に先立ち、両社はすでに日本の大手自動車メーカーの大規模クラウドCAE導入プロジェクトを開始しています。

Rescaleが提供するScaleXは、CAE分野を中心とする300種以上のアプリケーションをマルチ クラウド環境で利用するための統合サービスです。グローバルはもとより、日本においても自 動車メーカーや大手素材メーカーなど多くの企業で導入されています。

ISIDは、日本市場におけるクラウドCAEサービスの提供で先駆的な役割を担い、これまで数多 くの製造業のクラウドCAE環境構築を支援してきました。近年は大手製造業が本格的なクラウ ド活用を加速させつつあり、その実現には、既存環境とクラウド環境のシームレスな連携や段 階的移行を伴う大規模なシステム開発が不可欠となっています。ISIDは、CAEとクラウドイン テグレーション双方の領域で深い知見を有する稀有なシステムインテグレーターとして、大手 製造業におけるScaleXの導入・活用を支援してまいります。

「ISIDは、Rescaleと協力して日本でScaleXプラットフォームを推進できることを大変嬉しく 思います。今回の提携を通じ、Rescaleの先進的なクラウドCAEプラットフォームとISIDの知見 を組み合わせることで、日本の製造業におけるクラウドCAE活用が飛躍的に拡大し、グローバ ルな競争力強化に貢献できるものと確信しています」と、株式会社電通国際情報サービスの上 席執行役員製造ソリューション事業部長である岩本 浩久は述べています。

「Rescaleは、ISIDとこのようなパートナー契約を締結できたことを非常にうれしく思います。このパートナーシップは、日本市場においてビジネス関係を推進するための鍵となるものであ り、その成功を確実にするためにも、ISIDと密接に協力することを楽しみにしています」と、Rescaleの共同設立者兼CEO(最高経営責任者)であるヨリス・ポート (Joris Poort) は述べてい ます。

【ScaleXの概要】

RescaleのScaleX CAEプラットフォームは、シミュレーションなど複雑で大規模なデータ処理 をオンデマンドで簡単に実行するためのクラウドサービスで、非常に強力なハイパフォーマン スコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されています。現在300種以上の商用 およびオープンソースアプリーションが搭載されており、利用者は使用したいアプリケーショ ン計算量や予算に応じた最適なハードウェアを組み合わせて簡単に処理を実行することができ ます。

【電通国際情報サービス(ISID) 会社概要】

社名 : 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者 : 代表取締役社長 名和 亮一
本社 : 東京都港区港南 2-17-1
設立 : 1975 年
資本金 : 81 億 8,050 万円
連結従業員 : 2,783名(2018年12月末現在)
連結売上高 : 91,024百万円(2018年12月期)
事業内容 : ISID は、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造 力で支えるテクノロジー企業 です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加 え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティ ングノウハウ、そして IoT やロボティクス、AI など先端技術の社会実装に向けたオープンイノ ベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューション を生み出し続けています。
<ホームページ>https://www.isid.co.jp/

【Rescale, Inc.会社概要】
社名 : Rescale, Inc.
Founder & CEO : Joris Poort
Founder & CTO:Adam Mckenzie
本社 : 33 New Montgomery St., Suite 950, San Francisco, CA 94105 USA
設立 : 2011年
日本法人: Rescale Japan株式会社(設立 : 2016年)
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル
代表取締役 福田 敦彦
事業概要:Rescaleは、エンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウド で提供するリーディングカンパニーで、HPC、シミュレーション、およびビッグデータ向けク ラウドプラットフォームであるScaleXを全世界に向け提供しています。
<ホームページ>https://www.rescale.com/jp/

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション部
電話:03-6713-6100
email: g-pr@isid.co.jp

Rescale Japan株式会社
電話:03-6427-2800
email: info-japan@rescale.com

Related articles

Rescaleは、2017年にシリコンバレーで最も急速に成長するエンタープライズソフトウェア企業の一社となりました

日本語版の掲載が遅くなってしまいましたが、当社CEO Joris Poortが昨年末に投稿した、2017年を振り返った記事の翻訳です。原文はこちらになります。 今年の終わりを迎えて、私はRescaleで成し遂げた進歩を皆さんに共有できることに大変興奮しています。当社は、Big ComputeとクラウドHPCソリューションをマーケットでリードするだけでなく、市場で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の1つです。昨年は、100以上の新規企業顧客を獲得し、航空宇宙、自動車、ライフサイエンス、大学の複数の主要な産業分野で急速に成長し、また、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの世界の広範囲にわたる地域での展開を加速するなど、忙しい一年になりました。 当社の顧客は、ScaleX Enterpriseプラットフォームと各業界ソリューションのポートフォリオに深く関わっています。 ScaleXプラットフォームの使用量が1年を通して毎月30%づつ増加たことで、数多くのシリコンバレーの投資家がRescaleを2017年に最も成長率の高いエンタープライズソフトウェア企業として評価しています。顧客は、複雑な航空力学に関する開発を行うエアバス社、韓国で最初のクラウドベースのエンジニアリング環境を導入したLSIS社、企業全体でハイブリッドHPCを導入しているRWDI、次世代超音速ジェットライナーを開発するBoom Supersonic社などがあります。

read more »

NASCARのRichard Childress Racingがクラウドにスピードを求める必要性

Richard Childress Racing(RCR)のSeth Morris、Aerodynamicist(空気力学担当)による寄稿 ストックカーレースの世界では、ほんの小さな優位点を見つけることが勝敗に影響します。 このことが、Richard Childress Racing(RCR)が、自身でレースカーの設計から組み立てまでをエンドツーエンドで行う理由です。私たちは、独自のシャーシとサスペンションのコンポーネントをエンジニアリングし、加工し、私たち自身のボディを設計・製造し、独自のエンジンを製造しテストします。要するに、RCRでは、すべてがを一から構築します。 おそらくそれが私たちの48年の歴史の中で成功した理由です。私たちのオーナー、Richard ChildressがNASCARのレーサーとしてスタートした1969年にさかのぼります。それ以来、私たちは17回のチャンピオンシップと200回のレースで優勝し、NASCARトップツアーシリーズの3つすべてで勝利した最初のチームになりました。 Richardと、伝説に残るドライバーDale Earnhardtとのパートナーシップにより、RCRは1986年から1994年までの期間に6回のCup Seriesのチャンピオンシップを誇るエリート組織となりました。 現在、RCRには、機械設計、空力学、シミュレーション、戦略、研究開発など、50以上のエンジニアリングスタッフを擁して、500人以上の従業員、40エーカーのキャンパス、8つのフルタイムレースチームがあります。エアロダイナミクスのチームは6名のエンジニアと風洞でのテストのためのコンポーネントの製作をの4名の担当者で構成されています。これらの6人のエンジニアのうちの3人は、計算流体力学(CFD)を使用して車の空力特性をシミュレートすることに専念しています。

read more »

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *