From the blog

Quick Tip: Variable Formatting in Templates

Rescale makes it easy to run a design of experiments, as previously discussed in this post. Here we will provide some quick tips on template generation so your variables are formatted to your liking.
We support two methods for specifying a range of variables:
1. Uploading a comma-separated values (CSV) file, where each row is a case–also known as a “run” in Rescale parlance
2. Specifying the variable ranges directly in your browser
Once your variables are defined, you can then create templates, where the basic placeholder for a variable, such as “x”, looks like this:

${x}

If you use this syntax and specify your variables in a CSV file, then we will replace the placeholder with the value from your CSV without any modification. This can be useful if you would like to include non-numeric data in a file specific to that case. For example, you might include a description of each case as a comment in an input file, which may be more meaningful than the identifier we automatically assign to that case. So if your CSV looks like this:

description, v, z
case 1a, 2.2, 3.4
case 1b, 2.3, 3.4
case 2a, 3.1, 3.2

And your input file template looks like this:

# ${description}
v: ${v}
z: ${z}

Then the processed template for the first case would look like this:

# case 1a
vel: 2.2
z: 3.4

You may prefer to have a specific consistent number format in the file, regardless of how the variable was specified in the CSV or how you specified it in the browser. For this situation, you can supply an additional format instruction, using a “0” or “#” for a digit, where trailing zeros are absent if the “#” symbol is used. Here are some examples:

x ${x?string(“0”)} ${x?string(“0.0”)} ${x?string(“0.00##”)}
0.9 1 0.9 0.90
1.49 1 1.5 1.49
-55.123 -55 -55.1 -55.123
9810 9810 9810.0 9810.00

Notice that when the format string has fewer digits to the right of the decimal place than the value, then the value will be rounded accordingly. We also support scientific notation:

x ${x?string(“0E0”)} ${x?string(“00E00”)} ${x?string(“0.0##E0”)}
0.9 9E-1 90E-02 9.0E-1
1.49 1E0 15E-01 1.49E0
-55.123 -6E1 -55E00 -5.512E1
9810 1E4 98E02 9.81E3

We hope this system makes it easier for you to run design of experiments on Rescale.

Related articles

Elegant React Component APIs with Functions as Children

We can develop some pretty elegant React Component APIs using functions as children in React Components. Take for example a Dropdown component. If we want it to be flexible by leaving the DOM structure up to the user, we would […]

read more »

複数ジョブ実行時の時間と経費を節約する新機能:Persistent Clusters (永続クラスター)

RescaleのRahul Vergheseが、2017年1月19日に記載したBlog記事の翻訳です。 元記事はIntroducing Persistent Clusters: a New Feature to Save Time & Money with Multiple Jobsをご覧ください。 Rescaleは、最新のデプロイメントで新機能のPersistent Clusters (以下、「永続クラスター」:マニュアルで起動/削除可能なクラスター)をリリースしました。この機能を有効にすることで、複数のインスタンスを起動してクラスタを構築し、シャットダウン(訳注:Rescaleシステムではシャットダウン後インスタンスは削除されます)することなく、Rescaleワークフロー(Web UI)を使用して複数のジョブを順番に同じクラスターへ投入できます。以前は、各ジョブ毎にクラスターが稼働し、ジョブの完了後は自動的にシャットダウンされるため、複数の小さなジョブを実行すると遅延が発生する可能性がありました。この新しい機能により、繰り返し処理の高速化が可能になります。これは、テストや同じハードウェア構成を必要とする複数のジョブに特に便利です。 時間とお金を節約 一般に、各クラスターがスピンアップしてシャットダウンするまでには数分かかります。永続的クラスターを有効にしておくと、クラスターに追加する各ジョブの時間とコストを節約できます。 なぜ? 標準のクラスターは、ジョブが完了すると自動的にシャットダウンし、後続のジョブも同じように起動してシャットダウンするため、別々のクラスターとしてそれぞれ課金されます。(訳注:通常、たとえ10分の計算であっても1時間分の課金となるため、10分で完了する連続する2つのジョブを実行した場合、2時間分が課金されます)一方で、永続クラスターを使用すると、クラスターはすぐに次のジョブの実行に使用できるようになるため、ジョブ間で別のクラスターをシャットダウンして起動させる時間を無駄にしません。それによって、同様のジョブを多数立ち上げるユーザーにとって、時間とコストを大幅に節約することになります。(訳注:上記の例だとちょうど10分の計算を待ち時間なく2つ連続的に実施できることになり、1時間分の課金で収まることになります。)

read more »