From the blog

ハイパフォーマンスストレージ(HPS)とエンドツーエンドデスクトップを発表 — より早く結果を得るための新機能

前週に開催されたSC2018において、High Performance StorageとEnd-to-End desktopsの二つの新しい機能拡張を発表いたしました。原文はこちらです。

Rescaleは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークフローに新しい機能 — ハイパフォーマンス・ストレージ(HPS)と、エンドツーエンドデスクトップ — を追加したことを発表いたしました。これらのツールを利用することで、企業は効率を高めチームのコラボレーションを強化することができます。
「Rescale HPSは、ユーザーに共有データへの高性能なアクセスを提供し、新しいエンドツーエンドデスクトップワークフローとともに、クラウド内でシミュレーション結果までの時間を短縮することができます。 当社の顧客は、これらの新機能を活用してリアルタイムのインタラクティブなHPCを実現できることを期待しています」と、Rescaleでの高性能コンピューティング副社長兼ゼネラルマネージャーのGabriel Bronerは述べています。
【新機能の概要】
Rescaleハイパフォーマンス・ストレージ(HPS)は 、繰り返し利用する共有データ(ジオメトリー、メッシュなど)に迅速にアクセスできるため、シミュレーションワークフローの効率と速度を大幅に向上させます。さらに、この永続ファイルストアは、複数のユーザー、クラスター、またはデスクトップから共有することができます。
(解説:Rescale HPSは 、複数クラスターやデスクトップからマウント可能な、柔軟に構築/削除できるNFSファイルサーバーです。このストレージによって、データを動かすことなく複数ユーザーからの共有データへの迅速なアクセスが可能になります。本機能は近日中の提供を予定しています)
エンドツーエンドデスクトップワークフローは、ユーザーがアプリケーションソフトウェアのユーザーインターフェイス(UI)からマルチノードかつ多数コアで実行されるジョブを直接起動することを可能にするものです。これにより、ジョブとの直接的な対話性を実現でき、アプリケーションのUIから一時停止、メッシュの変更、および再開を直接実行できるようになります。
Rescale HPSの高度な機能とエンドツーエンドデスクトップワークフローにより、ユーザーのハイブリッドやクラウドへの移行をより簡単なものにします。Rescaleは、一般的にはオンプレミスのものである高性能な共有ストレージの機能を、クラウドワークフローにもたらします。エンドツーエンドデスクトップは、今日ワークステーションでジョブを実行しているユーザーが従来のワークステーション体験を継続しつつ、クラウド内の強力な大規模クラスタ全体で数百ものコアを透過的に活用することを可能にします。
Hyperion ResearchのSteve Conway氏は次のように述べています。「Rescaleは、これらの新しいイノベーションによって、パフォーマンス、コラボレーション機能、およびシミュレーションとのリアルタイムでの対話の可能性をユーザーに提供しており、企業をクラウド内のハイパフォーマンスコンピューティングの将来へ導くことに引き続き率先して取り組んでいます」
ストレージおよび仮想デスクトップの詳細については、 www.rescale.com/jp/を参照してください。

Related articles

Rescale Japan – 引っ越ししました

Rescale Japanは、6月1日より新オフィスでの業務を開始いたします。 以前の大手町のオフィスは、グローバルビジネスハブ東京という三菱地所が運営するベンチャー向けのオフィススペース内にある、当社へ出資いただいているトランスリンクキャピタルの部屋の一部を間借りしていました。 グローバルビジネスハブ東京は、大手町という東京のビジネスの中心地に位置しているのでイメージも良く、またイベント用のスペースの使い勝手がとても良かったこともあり、特にセミナー/イベントでは重宝していたのですが、メンバーが増えて現在のスペースでは手狭になったのと、特に大企業のお客様から取引条件として独立したオフィススペースで機密情報を扱うことを求められる場合が今後増えてくることを考慮して移転することになりました。

read more »

2018年のプロダクトロードマップをチラ見せ- Part 1

プロダクトマネージメント担当ディレクター、Dave Anselmi による投稿です。 原文はこちら。 2018年に入り、Rescaleで我々は、シリコンバレーで最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業としての勢いを維持し、とりわけクラウドHPCにおいて最先端技術の進化を続けられることに興奮しています。 2017年は当社の製品チームにとって忙しい一年でした。昨年は、Skylakeを含む25の新しいアーキテクチャー、最新のNVIDIA GPU製品P100とV100、新しいベアメタルプロバイダーとインテグレーションパートナー[1][2][3]へのアクセスをプラットフォームに追加しました。 HPCワークフローのサポートを強化し、再利用可能なクラスターとブラウザー内SSHを導入し、大規模DOEのサポートを追加し、最適化フレームワークとANSYS RSMの大幅な改善を行いました。ライセンシングの観点からは、ANSYSおよびLS-DYNAのオンデマンド ペイパーユースライセンスを追加し、STAR-CCM+およびANSYSのライセンス可用性ベースのキューイングを提供し、ライセンスサーバーアクセスを自動化しました。(新しいスタートアップ向けのプログラムで使用) 。ネイティブクラウドのプレおよびポスト処理を実現するためにブラウザー内のデスクトップを導入しました。エンタープライズ管理者向けには、デポジットプライシングのサポート、スポットプライシング提供地域の拡大、ワークフロー/予算/データ制限の管理制御の機能を強化しました。データを安全に保つため、高度な接続セキュリティーと企業向けのアウトバウンドインターネットブロッキングも追加しました。最後に、ScaleX Labsを使用したIntelの最新アーキテクチャーへの早期アクセスプログラムを提供しました。

read more »