From the blog

公的機関向けのセキュアなHPCプラットフォーム提供を推進

Rescale Inc.が2018年11月9日に発表したプレスリリースの翻訳です。原文はこちら

クラウドでのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、公的機関向けにセキュアなHPCプラットフォームの提供に向けて推進していることを発表いたしました。
Rescaleは、業界の最も厳しいセキュリティ基準を満たすか、もしくは、それを超えたものを提供しており、企業が受け入れる保証プログラムと規制に準拠しています。 Rescaleは毎年、Rescaleのプラットフォーム、データ、ポリシー、および手続きに関するセキュリティ、可用性、処理の完全性、機密性、およびプライバシーを評価するSOC 2 Type 2認証を保証するための監査を行っています。 Rescaleのプラットフォームソリューションは、ITAR(注1)とEAR(注2)の両方に準拠しています。さらに、RescaleのプラットフォームソリューションはHIPAA(注3)に準拠し医療情報の安全保護への懸念に対して応えています。Rescaleは、世界中の125社以上の企業のミッションクリティカルで機密性が高い企業固有のデータを預かっており、業界をリードしています。

RescaleのCEO、Joris Poortは、次のように述べています。「Rescaleのお客様は、機密データの保護に関する業界の最も厳しいセキュリティ基準を満たすためにRescaleを頼りにしています。セキュリティは、Rescaleの最優先事項です。私たちのコアプラットフォーム開発では、当社のプラットフォームのセキュリティを通じて顧客を保護するための多くの措置をとってきました。当社は最初にITARおよびEARに準拠したHPCプラットフォームソリューションであり、完全に自立してSOC 2 Type 2を認証された唯一のHPCプラットフォーム企業であることを誇りに思っています。また、当社は2019年の早い時期にFedRAMP(注4)認可を取得すべく取り組んでいます」
Rescaleは、当初から顧客のデータのセキュリティを保証していました。当社のプラットフォームソリューションは、最新のセキュリティベストプラクティスを織り込み、すべてのコンピューティングおよびストレージリソースの自動プロビジョニング、設定、およびアップデートを実行します。 Rescaleは包括的なエンタープライズコントロールを提供し、管理者はきめ細かな予算、アクセスコントロールなど、様々なポリシーを設定することができます。 Rescaleは、ハイブリッドとクラウド両方のHPC展開のために、HPC管理を、業界をリードする業界最高レベルのセキュリティとコンプライアンス機能を提供する単一のソリューションとして統合しています。
マネージドデータセンターのセキュリティに関してはいくつかのステップがあります。米国にあるマネージドデータセンターはそれぞれFedRAMP認定を受け、ミッションクリティカルなワークロードのためのインフラストラクチャー層の上で、Rescaleのお客様は、厳格で標準化されたセキュリティ要件を活用することができます。 FedRAMPの認可は、Rescaleが管理するすべてのデータセンターにおいて、最も厳しいセキュリティの基準と信頼を期待できることを意味します。 Rescaleが管理するすべてのデータセンターでは、生体認証や24時間365日の武装警備など、物理的なセキュリティと厳しいアクセスポリシーが採用されています。必須システムのすべてのコンポーネントには、「n + 1」以上の冗長性があり、無停電電源およびバックアップシステム、ストレージ拠点での火災および浸水防止対策を講じています。
ソフトウェア層でのRescaleのデータ暗号化手法は、転送中でも休止中でも、プロセスの各ステップでデータを暗号化された状態にします。高度なSSL/TLSを使用して転送暗号化を有効にし、256ビットAES標準を利用した暗号化を利用します。ワークロードは、常にカーネルで暗号化されたハードドライブを使用した非公開のクローズドクラスターで実行され、すべての暗号化キーは安全に管理され、別々の場所に保存されます。
Rescaleは最新の手法を実装し、可能な限り最高のエンタープライズセキュリティ標準を提供するための開発に継続的な投資を行います。 2019年前半に予定されているFedRAMP認証を含む今回のセキュリティ認証の発表は、顧客に対してのRescaleの強いコミットメントを反映しています。

  • 注1:International Traffic in Arms Regulations、 武器国際武器取引に関する規則。米国における武器関連技術の情報を米国内及び米国人に限定する規定。Rescaleでは米国においてITAR対応プラットフォームを提供しています
  • 注2:Export Administration Regulations、米国輸出管理規則
  • 注3:Health Insurance Portability and Accountability Act、米国における医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律
  • 注4:Federal Risk and Authorization Management Program、米国連邦政府によるリスクおよび認証管理プログラム。ScaleXに関しては米国プラットフォームが対象となります。

Related articles

Rescale Japan – 引っ越ししました

Rescale Japanは、6月1日より新オフィスでの業務を開始いたします。 以前の大手町のオフィスは、グローバルビジネスハブ東京という三菱地所が運営するベンチャー向けのオフィススペース内にある、当社へ出資いただいているトランスリンクキャピタルの部屋の一部を間借りしていました。 グローバルビジネスハブ東京は、大手町という東京のビジネスの中心地に位置しているのでイメージも良く、またイベント用のスペースの使い勝手がとても良かったこともあり、特にセミナー/イベントでは重宝していたのですが、メンバーが増えて現在のスペースでは手狭になったのと、特に大企業のお客様から取引条件として独立したオフィススペースで機密情報を扱うことを求められる場合が今後増えてくることを考慮して移転することになりました。

read more »

クラウドHPCの3つの隠れたメリット

Rescaleの米国中部地域担当セールスのJJ Jonesがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事は3 Hidden Benefits of Cloud HPCをご覧ください。 企業は、クラウド上のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に移行し、柔軟で多様な、従量課金型のHPCリソースへのアクセスを実現しつつあります。同時に、これらの資産を管理することや膨大な資本と時間を費やすことの必要がなくなりました。シミュレーションをクラウドのHPCリソースへ移行することで、企業は以前からは想像もできない規模で多彩な標準タイプおよび特殊タイプのハードウェアを活用できます。クラウドを活用することで、エンジニアリングスタッフの潜在力を発揮し、イノベーションを次のレベルに引き上げることができます。クラウドHPCが成熟するにつれて、これらの明らかな利点は、HPCワークロードに対するクラウドへの動きを促進することです。しかし、定量化を明らかにしづらいその他の利点がしばしば見落とされていますが、それらは本当のクラウドの変革の力を表しています。 この記事では、クラウドに移行することで見過ごされがちな、変革上の3つの利点を見ていきます。 1.トップレベルのエンジニアのリクルーティングや雇用維持 多くの企業が、クラウド資源へアクセスできる環境を保有することが、高い能力を持つエンジニアのリクルーティングや雇用維持に役立つことに気付いています。業界(産業)に関係なく、技術者は仕事に最適なツールを求めています。最速のクルマを持つレースチームが確実に最も有能なドライバーを引き付けるように、最高のツールを提供する組織は最高の才能を引き付けることができます。チームに対して、クラウドで利用可能なシミュレーション機能にに対して深く幅広いアクセスを提供する企業は、現在のハードウェア環境に対する不満を防ぎます。新しい技術が利用できるようになると、エンジニアは既存の社内リソースが完全に償却されるのを待つことなく、流通する最新のテクノロジーにアクセスすることができます。これは、最高の才能を引きつけ維持する企業の能力に顕著な影響を与えています。最近のクラウドカンファレンスでパネルの中であるグローバルCIOが次のように述べました。「従来のインフラストラクチャを利用しているなら、偉大なプレイヤーは得られません」 2.組織のアジリティ 見過ごされがちなもう一つの利点は、クラウドが組織にもたらす全体的な柔軟性です。革新的なアイデアを提供したり、新説を打ち立てたりするためには、企業や従業員は最新のテクノロジーにアクセスする必要がありますが、設備投資は痛みを伴う(そして危険な)決定になる可能性があります。いったん組織が資金を確保し、長期的な調達プロセスを維持すると、現在の作業負荷を中断することなく移行するために人材配置をどうしたらよいのかという葛藤に直面します。クラウドによって、企業は必要に応じて素早く資産にアクセスすることができます。さらに、既存のワークロードを拡張してシミュレーション時間を短縮し、同時シミュレーションを実行することで、チームが日常的なタスクをより迅速に実行できるようになり、将来的に実行可能なタスクに集中できるようになります。この俊敏性と応答性は、企業が自社製品を次のレベルに引き上げることを可能にします。 上記の利点についての最も良い点は、それらを実現するためにクラウドに完全に移行する必要がないことです。既存の社内HPCリソースを使用している組織でも、引き続きそのリソースを使用可能です。才能のあるエンジニアに可能性を与えたり、新製品をリリースしたりする必要がある場合、クラウドの利用が突発させることも可能です。これを行うには、クラウドプロバイダーがターンキーであり、使用に長期的なコミットメントを必要としないことが重要です。(P.S. Rescaleはそうではありません!) 3.ITではなく、組織のコアコンピタンスにフォーカス 最後に、クラウドによって、組織はそのコアビジネスに集中することができます。あなたは飛行機や自動車を作ることができますし、薬を創ったり人工知能ツールをデザインすることもできますが、あなたはIT企業ではありません。企業は、膨大な時間とコストを費やすことに慣れてきており、正しいコンピューティングリソースがコアビジネスをサポートできるようになります。過去には選択肢がありませんでした。クラウドを完全に活用することで、組織はビジネスを推進する重要な戦略目標に集中して、必要なリソースの保守や管理をそのリソースを主要ビジネスとする人々に任せることができるようになります。ITチームは、従業員中心型のプロセスのサポートに集中するのを止めて、顧客中心型の収益創出活動に集中することができるようになります。 これらの隠されたクラウドへの移行の利点は、ROIの計算には簡単には現れません。これらのつかみどころのない側面の真の価値を数値化することは困難です。つまり、明白な利点は、クラウドへの移行を正当化するのにあまりに多く語られています。しかし、これらのつかみどこころのない利点は、組織がクラウドに移行すると必然的に現れます。これらは損益計算書に数値として直接表示されないかもしれませんが、市場シェアや収益性のような中核的なビジネス目標の長期的な上昇を目にすることによって、これらの存在を知ることになります。

read more »