From the blog

Rescale Launches Industry’s First Intelligent Control Plane for Hybrid and Multi-Cloud Big Compute

SAN FRANCISCO, Sept 30, 2020 — Rescale Inc., the leader in enterprise big compute, announced the availability of the industry’s first hybrid and multi-cloud intelligent control plane to deliver new levels of performance, architectural control and R&D productivity.

Enterprises face the challenge of fast-growing R&D workloads and new specialized hardware architectures, all while managing cost and performance for hybrid cloud operations. The Rescale intelligent control plane combines software-defined computing, hardware-based acceleration, and performance intelligence to deliver the best high-performance computing solution for each project per business objectives.

“We have a variety of specific and intensive compute requirements that Rescale was able to optimize and help us choose which types of processors best fit the workloads that we run,” said Sensatek Propulsion Technology CTO, Josh McConkey. “With Rescale, we can dynamically allocate and maximize our HPC resources, ultimately reducing our projected 2,200 simulation hours down to 300, or nine months of work down to two months.” 

Rescale’s control plane introduces an intelligence-driven logic and control layer between R&D workloads and the underlying infrastructure, enabling flexibility, performance and efficiency not seen in traditional static HPC environments. 

Rescale intelligence includes software licensing schemes, real-time cloud provider infrastructure pricing worldwide, and the Rescale Performance Index, an always-current library of benchmarks on application-specific performance. Enterprise IT can take advantage of any of these parameters in defining policies, and track project spending for software and hardware for full stack economic visibility.

Key Rescale intelligent control plane components:

  • Rescale API – Compute job submission and admin controls for unified hybrid and multi-cloud. Control resources managed by schedulers (e.g., SLURM, LSF, PBS Pro) and leading cloud providers (AWS, Azure, GCP and Oracle Cloud)
  • Rescale Intelligence – Software licensing intelligence and global infrastructure intelligence on multi-cloud pricing, maturity, capacity, and workload-specific  performance (Rescale Maturity Index and Rescale Performance Index)
  • Operational Workflows – Define security, architecture, performance, and budgeting policies based on the Rescale API and Rescale Intelligence
  • R&D Workflows – Easy-to-use tools for researchers to run jobs and visualizations, collaborate on results, without making infrastructure decisions

“IT professionals want to make informed data-driven decisions on their hybrid and multi-cloud operations,” said Edward Hsu, VP Product, Rescale. “With the intelligent control plane approach to HPC, they can both make informed decisions, and take immediate action to be strategic partners to the businesses they support.”

The Rescale intelligent control plane delivers three major benefits:

  • Performance and efficiency – maximize the economic impact of hybrid and multi-cloud operations using the latest architectures and performance intelligence
  • Control at scale – enable global and multi-BU organizations with controlled and secure computing environments with the highest levels of service 
  • Empowered R&D – accelerate commercializing new innovations with researcher-centric workflows and collaboration, abstracted from infrastructure

“By adopting Rescale, we were able to reduce the cost of trial production by 37%, in addition to improving the speed of our analysis and reducing the total person-hours required,” said Tetsuya Okimoto, Computational Mechanics Engineer at Toyo Advanced Technologies. “Choosing specialized, multi-cloud infrastructure on Rescale was the best economic option in terms of both solve-speed and cost when compared to increasing the capacity of our in-house supercomputer.”

About Rescale:

Rescale is the leader in enterprise big compute. Rescale empowers the world’s most transformative executives, IT leaders, engineers, and scientists to securely manage product innovation to be first to market. Rescale’s hybrid and multi-cloud intelligent control plane, built on the most powerful high-performance computing infrastructure, seamlessly matches software applications with the best cloud or on-premise architecture to run complex data processing and simulations. For more information on Rescale, visit www.rescale.com.

Contact: Jolie Hales, jolie@rescale.com

Related articles

Rescale at work

Platform Updates and Software Release Notes – January 2021

In 2021, we doubled the number of applications we work with to more than 660.   Here are a few recent platform update highlights:   NICE DCV on AWS and Microsoft Azure – NICE DCV is a high-performance remote display […]

read more »

クラウドHPCの3つの隠れたメリット

Rescaleの米国中部地域担当セールスのJJ Jonesがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事は3 Hidden Benefits of Cloud HPCをご覧ください。 企業は、クラウド上のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に移行し、柔軟で多様な、従量課金型のHPCリソースへのアクセスを実現しつつあります。同時に、これらの資産を管理することや膨大な資本と時間を費やすことの必要がなくなりました。シミュレーションをクラウドのHPCリソースへ移行することで、企業は以前からは想像もできない規模で多彩な標準タイプおよび特殊タイプのハードウェアを活用できます。クラウドを活用することで、エンジニアリングスタッフの潜在力を発揮し、イノベーションを次のレベルに引き上げることができます。クラウドHPCが成熟するにつれて、これらの明らかな利点は、HPCワークロードに対するクラウドへの動きを促進することです。しかし、定量化を明らかにしづらいその他の利点がしばしば見落とされていますが、それらは本当のクラウドの変革の力を表しています。 この記事では、クラウドに移行することで見過ごされがちな、変革上の3つの利点を見ていきます。 1.トップレベルのエンジニアのリクルーティングや雇用維持 多くの企業が、クラウド資源へアクセスできる環境を保有することが、高い能力を持つエンジニアのリクルーティングや雇用維持に役立つことに気付いています。業界(産業)に関係なく、技術者は仕事に最適なツールを求めています。最速のクルマを持つレースチームが確実に最も有能なドライバーを引き付けるように、最高のツールを提供する組織は最高の才能を引き付けることができます。チームに対して、クラウドで利用可能なシミュレーション機能にに対して深く幅広いアクセスを提供する企業は、現在のハードウェア環境に対する不満を防ぎます。新しい技術が利用できるようになると、エンジニアは既存の社内リソースが完全に償却されるのを待つことなく、流通する最新のテクノロジーにアクセスすることができます。これは、最高の才能を引きつけ維持する企業の能力に顕著な影響を与えています。最近のクラウドカンファレンスでパネルの中であるグローバルCIOが次のように述べました。「従来のインフラストラクチャを利用しているなら、偉大なプレイヤーは得られません」 2.組織のアジリティ 見過ごされがちなもう一つの利点は、クラウドが組織にもたらす全体的な柔軟性です。革新的なアイデアを提供したり、新説を打ち立てたりするためには、企業や従業員は最新のテクノロジーにアクセスする必要がありますが、設備投資は痛みを伴う(そして危険な)決定になる可能性があります。いったん組織が資金を確保し、長期的な調達プロセスを維持すると、現在の作業負荷を中断することなく移行するために人材配置をどうしたらよいのかという葛藤に直面します。クラウドによって、企業は必要に応じて素早く資産にアクセスすることができます。さらに、既存のワークロードを拡張してシミュレーション時間を短縮し、同時シミュレーションを実行することで、チームが日常的なタスクをより迅速に実行できるようになり、将来的に実行可能なタスクに集中できるようになります。この俊敏性と応答性は、企業が自社製品を次のレベルに引き上げることを可能にします。 上記の利点についての最も良い点は、それらを実現するためにクラウドに完全に移行する必要がないことです。既存の社内HPCリソースを使用している組織でも、引き続きそのリソースを使用可能です。才能のあるエンジニアに可能性を与えたり、新製品をリリースしたりする必要がある場合、クラウドの利用が突発させることも可能です。これを行うには、クラウドプロバイダーがターンキーであり、使用に長期的なコミットメントを必要としないことが重要です。(P.S. Rescaleはそうではありません!) 3.ITではなく、組織のコアコンピタンスにフォーカス 最後に、クラウドによって、組織はそのコアビジネスに集中することができます。あなたは飛行機や自動車を作ることができますし、薬を創ったり人工知能ツールをデザインすることもできますが、あなたはIT企業ではありません。企業は、膨大な時間とコストを費やすことに慣れてきており、正しいコンピューティングリソースがコアビジネスをサポートできるようになります。過去には選択肢がありませんでした。クラウドを完全に活用することで、組織はビジネスを推進する重要な戦略目標に集中して、必要なリソースの保守や管理をそのリソースを主要ビジネスとする人々に任せることができるようになります。ITチームは、従業員中心型のプロセスのサポートに集中するのを止めて、顧客中心型の収益創出活動に集中することができるようになります。 これらの隠されたクラウドへの移行の利点は、ROIの計算には簡単には現れません。これらのつかみどころのない側面の真の価値を数値化することは困難です。つまり、明白な利点は、クラウドへの移行を正当化するのにあまりに多く語られています。しかし、これらのつかみどこころのない利点は、組織がクラウドに移行すると必然的に現れます。これらは損益計算書に数値として直接表示されないかもしれませんが、市場シェアや収益性のような中核的なビジネス目標の長期的な上昇を目にすることによって、これらの存在を知ることになります。

read more »

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *