From the blog

Rescale、HPCwireのEditors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞

SC18にて、当社がHPCwireの「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞したことをお知らせします。原文はこちらです。
なお、昨年はBoom社の事例で、Best Use of HPC in the CloudのReader’s Choice Awardを受賞しています。

Rescale、クラウドプラットフォームでHPCの最優秀HPCで2018 HPCwire編集者賞を受賞

クラウドのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、本年度のHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードにおいて、「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞しました。
この賞は、RescaleScaleX®マルチクラウドプラットフォームが、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するために、ソフトウェアアプリケーションと、クラウドもしくはオンプレミスにある最適なアーキテクチャーをシームレスに対応させるという、最も強力なHPCインフラストラクチャー上に構築されたものであることを際立たせるものです。Rescaleは、顧客がHPCをクラウドに拡張し、組織のデジタルトランスフォーメーションを加速できるようにすることで、ハイパフォーマンスコンピューティング市場を変革しています。
この賞は、テキサス州ダラスで開催されたスーパーコンピューティング2018(SC18)において発表されました 。
HPCwireリーダーズチョイスアワードは、世界のHPCwire コミュニティーからのノミネーションと投票プロセスによって決定されます。この賞は、この一年の発表内容とHPCコミュニティーによる優位性の認知度から構成されます。これらの賞は、ハイパフォーマンスコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、およびデータ分析に関するショーケースである、年に一回開催されるスーパーコンピューティング会議の幕開けとして毎年発表されます。
本賞の受賞を受けて、RescaleのCEO、Joris Poort は、次のように述べます。「この記念すべき出来事には元気づけられ、この賞を受賞したことに非常に感謝しています。私たちのチームは、製品設計、研究、革新の限界を引き上げ続けている当社の顧客のために、最高のマルチクラウドプラットフォームエクスペリエンスを開発することを目的として、長年にわたり休むことなく努力を続けてきました」
HPCwireを発行するTabor CommunicationsのCEO、 Tom Taborは次のように述べています。「今年はHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードの15周年を迎えます。これらの賞は、コミュニティーの基幹となるもので、多大な功績、優れたリーダーシップの発揮、また、革新的なブレークスルーを認めるものとして与えられます。HPCwire賞を受賞することは、疑う余地なくコミュニティーから支持され認められたことを意味します。常に読者の声を聞くことができたことによって、今年の受賞者を発表したことを誇りに思います。各賞はそれぞれ受けるにふさわしく、皆それぞれを祝福いたします」
これらの賞の詳細は、HPCwireのWebサイトまたはTwitter上の次のハッシュタグ#HPCwireAwardsを参照してください。
HPCwireについて:
HPCwireは、世界で最も高速なコンピューターとそれを実行する人々に向けた、ナンバーワンのニュースおよび情報リソースです。HPCwireは、1986年から長年に渡って、世界最高レベルの編集とジャーナリズムを残しており、ハイパフォーマンスとデータ集約型コンピューティングに関心のある科学者、技術者、ビジネス専門家が選択するニュースソースとなっています。HPCwireへのアクセスしはこちらから。

Related articles

NASCARのRichard Childress Racingがクラウドにスピードを求める必要性

Richard Childress Racing(RCR)のSeth Morris、Aerodynamicist(空気力学担当)による寄稿 ストックカーレースの世界では、ほんの小さな優位点を見つけることが勝敗に影響します。 このことが、Richard Childress Racing(RCR)が、自身でレースカーの設計から組み立てまでをエンドツーエンドで行う理由です。私たちは、独自のシャーシとサスペンションのコンポーネントをエンジニアリングし、加工し、私たち自身のボディを設計・製造し、独自のエンジンを製造しテストします。要するに、RCRでは、すべてがを一から構築します。 おそらくそれが私たちの48年の歴史の中で成功した理由です。私たちのオーナー、Richard ChildressがNASCARのレーサーとしてスタートした1969年にさかのぼります。それ以来、私たちは17回のチャンピオンシップと200回のレースで優勝し、NASCARトップツアーシリーズの3つすべてで勝利した最初のチームになりました。 Richardと、伝説に残るドライバーDale Earnhardtとのパートナーシップにより、RCRは1986年から1994年までの期間に6回のCup Seriesのチャンピオンシップを誇るエリート組織となりました。 現在、RCRには、機械設計、空力学、シミュレーション、戦略、研究開発など、50以上のエンジニアリングスタッフを擁して、500人以上の従業員、40エーカーのキャンパス、8つのフルタイムレースチームがあります。エアロダイナミクスのチームは6名のエンジニアと風洞でのテストのためのコンポーネントの製作をの4名の担当者で構成されています。これらの6人のエンジニアのうちの3人は、計算流体力学(CFD)を使用して車の空力特性をシミュレートすることに専念しています。

read more »

Rescaleとアルゴグラフィックス、 クラウドCAE/HPCサービスARGO sFlexNavi powered by Rescaleを提供開始

Rescale, Inc.(CEO:Joris Poort、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下Rescale)と、株式会社アルゴグラフィックス(CEO:藤澤 義麿、本社:東京都中央区、以下アルゴグラフィックス社)は、CAE/HPC クラウドシステム提供のためのOEM契約を締結し、アルゴグラフィックス社を通してクラウド基盤を活用したCAE/HPCサービス「ARGO sFlexNavi(仮称)」の販売を2016年10月(予定)より開始いたします。今回のOEM契約により、Rescaleが提供する標準機能を基盤として、アルゴグラフィックス独自のソフトウェアおよび活用支援のための付加サービスをRescaleのWEBポータルと統合して提供することが可能になりました。

read more »