From the blog

Rescale、HPCwireのEditors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞

SC18にて、当社がHPCwireの「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞したことをお知らせします。原文はこちらです。
なお、昨年はBoom社の事例で、Best Use of HPC in the CloudのReader’s Choice Awardを受賞しています。

Rescale、クラウドプラットフォームでHPCの最優秀HPCで2018 HPCwire編集者賞を受賞

クラウドのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、本年度のHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードにおいて、「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞しました。
この賞は、RescaleScaleX®マルチクラウドプラットフォームが、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するために、ソフトウェアアプリケーションと、クラウドもしくはオンプレミスにある最適なアーキテクチャーをシームレスに対応させるという、最も強力なHPCインフラストラクチャー上に構築されたものであることを際立たせるものです。Rescaleは、顧客がHPCをクラウドに拡張し、組織のデジタルトランスフォーメーションを加速できるようにすることで、ハイパフォーマンスコンピューティング市場を変革しています。
この賞は、テキサス州ダラスで開催されたスーパーコンピューティング2018(SC18)において発表されました 。
HPCwireリーダーズチョイスアワードは、世界のHPCwire コミュニティーからのノミネーションと投票プロセスによって決定されます。この賞は、この一年の発表内容とHPCコミュニティーによる優位性の認知度から構成されます。これらの賞は、ハイパフォーマンスコンピューティング、ネットワーキング、ストレージ、およびデータ分析に関するショーケースである、年に一回開催されるスーパーコンピューティング会議の幕開けとして毎年発表されます。
本賞の受賞を受けて、RescaleのCEO、Joris Poort は、次のように述べます。「この記念すべき出来事には元気づけられ、この賞を受賞したことに非常に感謝しています。私たちのチームは、製品設計、研究、革新の限界を引き上げ続けている当社の顧客のために、最高のマルチクラウドプラットフォームエクスペリエンスを開発することを目的として、長年にわたり休むことなく努力を続けてきました」
HPCwireを発行するTabor CommunicationsのCEO、 Tom Taborは次のように述べています。「今年はHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードの15周年を迎えます。これらの賞は、コミュニティーの基幹となるもので、多大な功績、優れたリーダーシップの発揮、また、革新的なブレークスルーを認めるものとして与えられます。HPCwire賞を受賞することは、疑う余地なくコミュニティーから支持され認められたことを意味します。常に読者の声を聞くことができたことによって、今年の受賞者を発表したことを誇りに思います。各賞はそれぞれ受けるにふさわしく、皆それぞれを祝福いたします」
これらの賞の詳細は、HPCwireのWebサイトまたはTwitter上の次のハッシュタグ#HPCwireAwardsを参照してください。
HPCwireについて:
HPCwireは、世界で最も高速なコンピューターとそれを実行する人々に向けた、ナンバーワンのニュースおよび情報リソースです。HPCwireは、1986年から長年に渡って、世界最高レベルの編集とジャーナリズムを残しており、ハイパフォーマンスとデータ集約型コンピューティングに関心のある科学者、技術者、ビジネス専門家が選択するニュースソースとなっています。HPCwireへのアクセスしはこちらから。

Related articles

2018年のプロダクトロードマップをチラ見せ- Part 1

プロダクトマネージメント担当ディレクター、Dave Anselmi による投稿です。 原文はこちら。 2018年に入り、Rescaleで我々は、シリコンバレーで最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業としての勢いを維持し、とりわけクラウドHPCにおいて最先端技術の進化を続けられることに興奮しています。 2017年は当社の製品チームにとって忙しい一年でした。昨年は、Skylakeを含む25の新しいアーキテクチャー、最新のNVIDIA GPU製品P100とV100、新しいベアメタルプロバイダーとインテグレーションパートナー[1][2][3]へのアクセスをプラットフォームに追加しました。 HPCワークフローのサポートを強化し、再利用可能なクラスターとブラウザー内SSHを導入し、大規模DOEのサポートを追加し、最適化フレームワークとANSYS RSMの大幅な改善を行いました。ライセンシングの観点からは、ANSYSおよびLS-DYNAのオンデマンド ペイパーユースライセンスを追加し、STAR-CCM+およびANSYSのライセンス可用性ベースのキューイングを提供し、ライセンスサーバーアクセスを自動化しました。(新しいスタートアップ向けのプログラムで使用) 。ネイティブクラウドのプレおよびポスト処理を実現するためにブラウザー内のデスクトップを導入しました。エンタープライズ管理者向けには、デポジットプライシングのサポート、スポットプライシング提供地域の拡大、ワークフロー/予算/データ制限の管理制御の機能を強化しました。データを安全に保つため、高度な接続セキュリティーと企業向けのアウトバウンドインターネットブロッキングも追加しました。最後に、ScaleX Labsを使用したIntelの最新アーキテクチャーへの早期アクセスプログラムを提供しました。

read more »

In-Browser Desktops (ブラウザー内仮想デスクトップ):HPCの視覚化を即座に開始

RescaleのアプリケーションエンジニアのAlex Huangがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事はIntroducing In-Browser Desktops: Instantly Launch Powerful HPC Visualizationsをご覧ください。 Alex Huang – 2017年1月30日 Rescaleは、便利な新機能であるIn-Browser Desktop(ブラウザー内で利用できる仮想デスクトップ環境)を当社のプラットフォームへ導入しました。この新機能によって、最新のWebブラウザーを利用するだけで、プレ/ポスト処理と視覚化のニーズに対応する、GPUアクセラレーションを利用したリモートデスクトップに接続できます。 In-Browser Desktopsは、実行中のジョブから視覚化ノードを起動するための最速の方法です。パスワードの設定、接続ファイルのダウンロード、トンネリングのためのスクリプトの実行は必要ありません。これは、ファイアウォールがあっても、HTTPSで簡単かつ安全にリモートデスクトップへアクセスできることを意味します。ブラウザーを通して、すべてシームレスかつ安全に実行されます。 デスクトップに接続する場合、In-Browser Desktopを使用するか、RDP(Remote Desktop Protocol)またはVNC(Virtual Network Computing)クライアントファイルをダウンロードして、すでに利用している自分のリモートデスクトップクライアントを使用することもできます。 実行中のジョブからの視覚化のためにn-Browser Desktopを起動する方法は次のとおりです。 ステップ1:実行中のジョブに対して“Visualize” (可視化)を選択します。 In-Browser Desktopの起動:ステップ1 ステップ2:“Launch” (起動)を選択して、デスクトップ設定を確認します。 ブラウザー内デスクトップの起動:手順2 ステップ3:“Connect using In-Browser Desktop”(In-Browser Desktopを使用して接続する)をクリックし… In-Browser Desktopの起動:手順3 […]

read more »