From the blog

エンタープライズクラウドHPCプラットフォームを提供するRescaleが、3,200万ドルの資金調達を実施

より安全で、かつ迅速なPaaSプラットフォームへの製品開発を強化

クラウドにおけるエンタープライズ・ビッグコンピューティングのリーディングカンパニーであるRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下、「Rescale」)は、3,200万ドルのシリーズB第三者割当増資を完了したことを発表いたしました。過去ラウンドを合わせると総調達額は5,200万ドルとなります。
Rescaleは、 2017年において世界で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の一つで、毎月30%の伸びを達成しています。
今回の資金調達により、Rescaleは、優秀な人材の確保のための投資を引き続き実施し、次世代に向けセキュリティー強化とプラットフォームの拡張機能に向けた開発を行います。この資金調達は、クラウド内で最大かつ最も強力な高性能コンピューティングインフラストラクチャーを拡大し、顧客のデジタル変換戦略を最適化して革新を加速するというRescaleの取り組みを裏付けるものです。
Rescaleの共同設立者兼CEOであるJoris Poortは次のように述べています。「Rescaleは今日の大企業の革新を変えてゆきます。 シリーズBの資金受け入れによって、エグゼクティブ、ITリーダー、エンジニア、科学者が製品革新を安全に管理するための、ハイブリッドマルチクラウドプラットフォームへの投資をさらに進めてゆきます。われわれが目にしている高成長は、エンタープライズ顧客からの強いコミットメントを表すもので、当社のプラットフォームが主要なビッグコンピュートのためのソリューションであることを示しています」
本ラウンドのリードインベスターであるKeen Venture Partnersのパートナーで、ブリティッシュテレコムとアルカテル・ルーセントの前CEOであるBen Verwaayenが、Rescale取締役会に加わりました。 Verwaayen氏は、次のように述べています。「ハイパフォーマンスコンピューティング・マーケットに大きな影響を与えているRescaleに惹かれました。 このマーケットは現在、オンプレミスが95%を占めていますが、Rescaleは顧客がハイブリッドへ移行し、最終的に完全なクラウドネイティブのソリューションへの移行をサポートしています。 Rescaleは、CIOがITリソースを最適化し、生産性の向上とコスト改善を可能にするための、デジタルトランスフォーメーションをサポートしています」
Rescaleの最新の機能強化において、企業が社内のハイパフォーマンスコンピューティングインフラをクラウドに拡張するための新しいハイブリッドクラウド機能を追加しました。この新機能は、自動車、航空宇宙および防衛、石油およびガス、ライフサイエンスおよび半導体を含む主要業界において、CIOがクラウド変革の旅を始めるための出発点を提供します。
【引受先】
今回の資金調達は、Initialized Capital、Keen Venture Partners、およびSineWave Venturesの三社がリードとなり実施されました。本ラウンドでの引受先を含め、他に以下の著名投資家およびベンチャーキャピタルからの出資を受けています。
Sam Altman、Jeff Bezos、Richard Branson、Chris Dixon、Paul Graham、 Ken Hao、 Adam Smith、 Peter Thiel、 Steve Westly、 Data Collective、 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Jumping Capital、M12(旧Microsoft Ventures)、三菱UFJキャピタル、Quiet Capital、Streamlined Ventures、トランスリンク・キャピタル、Two Roads Group、Y Combinator。
【Rescaleの概要】
Rescaleは、2011年に設立したエンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウドで提供するリーディングカンパニーです。 Rescaleは、変革を求める企業幹部、ITリーダー、エンジニア、科学者などが製品の確信を確かなものにし、素早く市場に投入できるようにします。 RescaleのScaleX®マルチクラウドプラットフォームは、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するための製品で、非常に強力なハイパフォーマンスコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されており、ソフトウェアアプリケーションをクラウドもしくはオンプレミスにある最適なコンピューティングリソースで実行可能にします。 Rescaleは、大手クラウドサービスプロバイダー4社と提携し全世界でサービスを提供しており、世界5大自動車企業の4社、世界3大航空宇宙防衛企業の2社など、グローバル2,000企業のうち125社以上の顧客を有しています。
Rescaleの詳細については、www.rescale.com/jp/をご覧ください。

Related articles

Rescale™が最先端テクノロジーへのアクセスを可能にする新プラットフォーム、ScaleX™ Labsを発表

Intel®Xeon Phi™プロセッサーとIntel® Omni-Pathアーキテクチャーを搭載した、次世代の計算能力をクラウドへ提供 Rescale, Inc.は、R Systems社が管理するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)インフラストラクチャー上で、Intel®Xeon Phi™プロセッサーとIntel® Omni-Path Fabric を搭載した最先端技術へのアクセスをを提供するプラットフォーム、ScaleX Labsを発表しました。このコラボレーションにより、Rescaleの大規模計算向けのクラウドプラットフォームに、驚異的なスピードの次世代計算環境をもたらすことになります。

read more »

2018年のプロダクトロードマップをチラ見せ- Part 1

プロダクトマネージメント担当ディレクター、Dave Anselmi による投稿です。 原文はこちら。 2018年に入り、Rescaleで我々は、シリコンバレーで最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業としての勢いを維持し、とりわけクラウドHPCにおいて最先端技術の進化を続けられることに興奮しています。 2017年は当社の製品チームにとって忙しい一年でした。昨年は、Skylakeを含む25の新しいアーキテクチャー、最新のNVIDIA GPU製品P100とV100、新しいベアメタルプロバイダーとインテグレーションパートナー[1][2][3]へのアクセスをプラットフォームに追加しました。 HPCワークフローのサポートを強化し、再利用可能なクラスターとブラウザー内SSHを導入し、大規模DOEのサポートを追加し、最適化フレームワークとANSYS RSMの大幅な改善を行いました。ライセンシングの観点からは、ANSYSおよびLS-DYNAのオンデマンド ペイパーユースライセンスを追加し、STAR-CCM+およびANSYSのライセンス可用性ベースのキューイングを提供し、ライセンスサーバーアクセスを自動化しました。(新しいスタートアップ向けのプログラムで使用) 。ネイティブクラウドのプレおよびポスト処理を実現するためにブラウザー内のデスクトップを導入しました。エンタープライズ管理者向けには、デポジットプライシングのサポート、スポットプライシング提供地域の拡大、ワークフロー/予算/データ制限の管理制御の機能を強化しました。データを安全に保つため、高度な接続セキュリティーと企業向けのアウトバウンドインターネットブロッキングも追加しました。最後に、ScaleX Labsを使用したIntelの最新アーキテクチャーへの早期アクセスプログラムを提供しました。

read more »