From the blog

エンタープライズクラウドHPCプラットフォームを提供するRescaleが、3,200万ドルの資金調達を実施

より安全で、かつ迅速なPaaSプラットフォームへの製品開発を強化

クラウドにおけるエンタープライズ・ビッグコンピューティングのリーディングカンパニーであるRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下、「Rescale」)は、3,200万ドルのシリーズB第三者割当増資を完了したことを発表いたしました。過去ラウンドを合わせると総調達額は5,200万ドルとなります。
Rescaleは、 2017年において世界で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の一つで、毎月30%の伸びを達成しています。
今回の資金調達により、Rescaleは、優秀な人材の確保のための投資を引き続き実施し、次世代に向けセキュリティー強化とプラットフォームの拡張機能に向けた開発を行います。この資金調達は、クラウド内で最大かつ最も強力な高性能コンピューティングインフラストラクチャーを拡大し、顧客のデジタル変換戦略を最適化して革新を加速するというRescaleの取り組みを裏付けるものです。
Rescaleの共同設立者兼CEOであるJoris Poortは次のように述べています。「Rescaleは今日の大企業の革新を変えてゆきます。 シリーズBの資金受け入れによって、エグゼクティブ、ITリーダー、エンジニア、科学者が製品革新を安全に管理するための、ハイブリッドマルチクラウドプラットフォームへの投資をさらに進めてゆきます。われわれが目にしている高成長は、エンタープライズ顧客からの強いコミットメントを表すもので、当社のプラットフォームが主要なビッグコンピュートのためのソリューションであることを示しています」
本ラウンドのリードインベスターであるKeen Venture Partnersのパートナーで、ブリティッシュテレコムとアルカテル・ルーセントの前CEOであるBen Verwaayenが、Rescale取締役会に加わりました。 Verwaayen氏は、次のように述べています。「ハイパフォーマンスコンピューティング・マーケットに大きな影響を与えているRescaleに惹かれました。 このマーケットは現在、オンプレミスが95%を占めていますが、Rescaleは顧客がハイブリッドへ移行し、最終的に完全なクラウドネイティブのソリューションへの移行をサポートしています。 Rescaleは、CIOがITリソースを最適化し、生産性の向上とコスト改善を可能にするための、デジタルトランスフォーメーションをサポートしています」
Rescaleの最新の機能強化において、企業が社内のハイパフォーマンスコンピューティングインフラをクラウドに拡張するための新しいハイブリッドクラウド機能を追加しました。この新機能は、自動車、航空宇宙および防衛、石油およびガス、ライフサイエンスおよび半導体を含む主要業界において、CIOがクラウド変革の旅を始めるための出発点を提供します。
【引受先】
今回の資金調達は、Initialized Capital、Keen Venture Partners、およびSineWave Venturesの三社がリードとなり実施されました。本ラウンドでの引受先を含め、他に以下の著名投資家およびベンチャーキャピタルからの出資を受けています。
Sam Altman、Jeff Bezos、Richard Branson、Chris Dixon、Paul Graham、 Ken Hao、 Adam Smith、 Peter Thiel、 Steve Westly、 Data Collective、 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Jumping Capital、M12(旧Microsoft Ventures)、三菱UFJキャピタル、Quiet Capital、Streamlined Ventures、トランスリンク・キャピタル、Two Roads Group、Y Combinator。
【Rescaleの概要】
Rescaleは、2011年に設立したエンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウドで提供するリーディングカンパニーです。 Rescaleは、変革を求める企業幹部、ITリーダー、エンジニア、科学者などが製品の確信を確かなものにし、素早く市場に投入できるようにします。 RescaleのScaleX®マルチクラウドプラットフォームは、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するための製品で、非常に強力なハイパフォーマンスコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されており、ソフトウェアアプリケーションをクラウドもしくはオンプレミスにある最適なコンピューティングリソースで実行可能にします。 Rescaleは、大手クラウドサービスプロバイダー4社と提携し全世界でサービスを提供しており、世界5大自動車企業の4社、世界3大航空宇宙防衛企業の2社など、グローバル2,000企業のうち125社以上の顧客を有しています。
Rescaleの詳細については、www.rescale.com/jp/をご覧ください。

Related articles

HPCクラウドを提供する米国Rescaleが総額1,400万ドルの資金調達を完了 日本市場に注力するためRescale Japan株式会社を設立し、東京オフィスを開設

高速な計算処理を実現するHPC(High Performance Computing)クラウドサービスの業界リーダーであるRescale, Inc. (本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、Founder & CEO:Joris Poort、以下:Rescale)は、トランスリンク・キャピタルをリードインベスターとするシリーズAラウンドで1,400万ドルの資金調達を6月に実施し、併せて、日本オフィスを7月に開設したことを発表します。 今回の資金調達により、Rescale社はグローバル展開を加速し、大手企業でのHPCクラウドサービス採用の拡大を目指すとともに、Rescale Japan株式会社の設立により、日本市場でのサービス展開を加速させていきます。 シリーズAラウンドの実施 今回のラウンドには、トランスリンク・キャピタルの他、Jump Capital、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、マイクロソフト・ベンチャーズ、Two Roads Group、Data Collectiveらが参加しました。今回のシリーズAラウンドにより、累計総額2,000万ドル以上の資金調達をしたことになり、トランスリンク・キャピタルの共同創業者兼マネージングディレクターである大谷俊哉氏が取締役に加わります。 HPCシステムに対する需要が世界的に高まっている中、Rescaleのプラットフォームは、大手企業において、高価な旧来型のオンプレミスシステムから、拡張性が高く、迅速かつ高性能なクラウドインフラへの移行を促進することを可能にします。Rescale設立時にSam Altman、Jeff Bezos、Richard Branson、Paul Graham、Peter Thielなど著名な個人投資家などからの投資を受けました。 大谷俊哉氏は以下の通り述べています。「HPCは200億ドルの市場規模があるものの、旧来型のオンプレミスシステムが多く使用されており、クラウドサービスの利用は一部にとどまっています。Rescaleのプラットフォームは、大手企業がHPCクラウドサービスを利用するうえで、長年の課題であったセキュリティ対策とパフォーマンス向上を実現しました。Rescaleはお客様が必要とする各種ソフトウェアを、複雑な設計なしに最適化された形で利用可能であり、あらゆる業界におけるトップ企業にとって必要不可欠なソリューションとなります。」 またRescaleのFounder & CEOであるJoris Poortは以下の通り述べています。「今回、新たな戦略投資家を迎え、非常に喜ばしく思います。大谷氏は、企業向けクラウドソリューションに長年携わっており、急速に成長を遂げている日本市場に精通していることから、大谷氏が当社取締役に加わることを歓迎しています。Rescaleのクラウドサービスプラットフォームに対する日本の需要の高まりに応え、東京オフィスをオープンすると同時に、引続き世界展開に向けた投資を進めてまいります。お客様は、各業界で技術的かつ時間的な障壁を乗り越えて、新製品開発のためのシミュレーションを行っています。当社のソリューションにより、自動車の設計から新薬の開発、さらにはロケット工学まで、幅広い分野のお客様がさらなる変革を成し遂げられるよう、力になりたいと願っております。」 Rescale Japan株式会社の設立 Rescaleは日本市場の成長を加速させるためRescale Japan株式会社(東京千代田区大手町)を設立し、2016年7月に東京都千代田区大手町にオフィスを開設いたしました。代表取締役には、クラウド及びHPC分野において豊富な経験と実績を積んだ福田敦彦が就任しました。 福田敦彦は、サンマイクロシステムズ及びiPlanetにて、パートナー及びOEMセールスを担当し、その後、NVIDIA日本法人にてエンタープライズパートナーセールスの責任者として同社のエンタープライズ分野における事業成長に寄与するなど、多くの実績を残しています。 福田敦彦は以下の通り述べています。「クラウドはエンタープライズに浸透し、すでにコモディティ化しています。その結果、インフラにアプリケーションを合わせるのではなく、アプリケーションに合わせてインフラを選ぶ時代となっています。Rescaleはマルチクラウドでそれをすでに実現し、かつインフラレイヤーを抽象化しています。例えば昨今、人口知能で注目されているDeep Learningは、GPUベースの特殊なハードウェアが必要ですが、Rescaleはアプリケーションに応じたGPUベースの環境を自動的に使用できる仕組みを提供しています。ユーザーは特殊な環境の準備と複雑なセットアップにもう悩む必要はありません。ブラウザーから簡単にDeep Learningを実行でき、本来の業務に集中できます。また利用した分だけ料金を支払えば良いので、設備投資や運用に関わるコストを削減できます。」 日本では、2015年9月から伊藤忠テクノソリューションズ株式会社がRescaleのHPCクラウドサービスを取り扱っており、Rescale Japanの設立によりサポートを強化し、日本市場に向けた更なるサービス拡充を目指します。 今回の発表にあたり、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社から以下のコメントを頂いております 「伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、2015年9月からRescale社のHPCクラウドサービスを取り扱っており、HPC環境の設計から構築、既存のHPC環境との連携、運用・サポート、解析支援までのトータルなHPCサービスを提供しています。 今回のRescale […]

read more »

Rescale, Inc.、ANSYSのソフトウェア製品とElastic LicensingをRescaleプラットフォームに導入

RescaleとANSYSは戦略的パートナーシップを締結し、Rescaleのスケーラブルでターンキー型のクラウドベースプラットフォーム上でのANSYSのエンジニアリングシミュレーションソフトウェアの提供範囲を拡大し、ANSYSの新しいクラウドコンピューティング向けのANSYS Elastic Licensingを利用可能にすることを発表いたしました。ANSYSのユーザーは従来の年間ライセンスおよび永久ライセンスに加え、Elastic LicensingをRescaleプラットフォームで利用できるようになります。 ANSYSは、構造力学、数値流体力学(CFD)、電磁気学、陽解法、およびこれらの物理学の組み合わせを含む物理学の全範囲にわたるシミュレーション主導のソフトウェアツール群を提供しています。Rescaleの強力なターンキーシミュレーションプラットフォームでは、これらのうち8つのソフトウェア(CFX、CHEMKIN-PRO、Fluent、HFSS、Maxwell、Mechanicalなど)が事前設定され、最適化も行われています。ANSYSのユーザーは、ブラウザーを使用してRescaleプラットフォームにアクセスすることで、25以上の地域にある60以上のデータセンターで構成されるRescaleのグローバルマルチクラウドHPCネットワーク上で、高度なエンジニアリングシミュレーションを簡単に実行することができます。エンジニアは、シミュレーションを数千のCPUコアへスケールアウトできるだけでなく、安価なHPC構成から最先端のベアメタルシステム、低レイテンシのInfiniBandインターコネクト、最新のIntelおよびNVIDIAチップセットまで、ANSYSスイートの多様なニーズ向けに最適化されたハードウェア構成を選択できます。 従量課金型のハードウェアとANSYS Elastic Licensingは、エンジニアリング企業が直面するシミュレーション負荷の変動に対して、ダイナミックなHPCリソースを対応できるようにし、製品の設計サイクルを短縮し、ITの機敏性を向上させます。 「お客様は、当社のターンキーソリューションと従量課金型ハードウェアが提供する柔軟性を好んでおり、ANSYSソフトウェアユーザーにその柔軟性を広げることができて嬉しく思います。」と、Rescaleの共同設立者兼最高経営責任者(CEO)のJoris Poortは述べます。「アジャイル・リソースは、相互に関係するお客様がコンピューティングとシミュレーションを活用して、幅広い業界で新しいイノベーションをより早く推進できるよう支援するものです。さらに、企業は、Rescaleプラットフォームに組み込まれた管理およびコラボレーションツールを活用して、リソースを管理し、設計ポートフォリオ全体の結果を向上させることができます。また、エンタープライズレベルの暗号化、SOC2準拠およびITAR準拠などのクラス最高のセキュリティ機能を提供するプラットフォームを利用することができます。」 ANSYSのエンタープライズソリューション&クラウド担当副社長であるRay Milhem氏は、次のように述べています。「私たちは、包括的なエンジニアリングシミュレーションソフトウェア製品を使用して、お客様に常にさまざまな導入オプションを提供してきました。今では、RescaleとElastic Licensingでソフトウェアを利用できるようにすることで、シミュレーションやハードウェアを弾力的に拡張してプロジェクトのタイミングの要求をより良く満たすオプションを提供しています。それによってエンジニアは、以前よりも多くのパワーと柔軟性を有することができます。 Rescaleについて Rescaleは、クラウドでのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)とシミュレーション、およびディープラニングにおいて業界をリードするグローバルなサービスプロバイダーです。Rescaleは、グローバル・フォーチュン500をはじめとする多くの企業のエンジニアや科学者に向けて、革新的な新製品の開発と、より速くより低コストに画期的な研究開発を実現するためのサービスを提供しています。Rescaleプラットフォームは、世界で最も強力で広大なハイパフォーマンス・コンピューティング・ネットワーク上で構築されており、従来の柔軟性を欠くIT資源を、フレキシブルな、ハイブリッド、プライベートおよびパブリッククラウドの資源に転換します。 Rescaleの製品やサービスに関する詳細情報については、www.rescale.jpをご覧ください。

read more »