From the blog

エンタープライズクラウドHPCプラットフォームを提供するRescaleが、3,200万ドルの資金調達を実施

より安全で、かつ迅速なPaaSプラットフォームへの製品開発を強化

クラウドにおけるエンタープライズ・ビッグコンピューティングのリーディングカンパニーであるRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下、「Rescale」)は、3,200万ドルのシリーズB第三者割当増資を完了したことを発表いたしました。過去ラウンドを合わせると総調達額は5,200万ドルとなります。
Rescaleは、 2017年において世界で最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業の一つで、毎月30%の伸びを達成しています。
今回の資金調達により、Rescaleは、優秀な人材の確保のための投資を引き続き実施し、次世代に向けセキュリティー強化とプラットフォームの拡張機能に向けた開発を行います。この資金調達は、クラウド内で最大かつ最も強力な高性能コンピューティングインフラストラクチャーを拡大し、顧客のデジタル変換戦略を最適化して革新を加速するというRescaleの取り組みを裏付けるものです。
Rescaleの共同設立者兼CEOであるJoris Poortは次のように述べています。「Rescaleは今日の大企業の革新を変えてゆきます。 シリーズBの資金受け入れによって、エグゼクティブ、ITリーダー、エンジニア、科学者が製品革新を安全に管理するための、ハイブリッドマルチクラウドプラットフォームへの投資をさらに進めてゆきます。われわれが目にしている高成長は、エンタープライズ顧客からの強いコミットメントを表すもので、当社のプラットフォームが主要なビッグコンピュートのためのソリューションであることを示しています」
本ラウンドのリードインベスターであるKeen Venture Partnersのパートナーで、ブリティッシュテレコムとアルカテル・ルーセントの前CEOであるBen Verwaayenが、Rescale取締役会に加わりました。 Verwaayen氏は、次のように述べています。「ハイパフォーマンスコンピューティング・マーケットに大きな影響を与えているRescaleに惹かれました。 このマーケットは現在、オンプレミスが95%を占めていますが、Rescaleは顧客がハイブリッドへ移行し、最終的に完全なクラウドネイティブのソリューションへの移行をサポートしています。 Rescaleは、CIOがITリソースを最適化し、生産性の向上とコスト改善を可能にするための、デジタルトランスフォーメーションをサポートしています」
Rescaleの最新の機能強化において、企業が社内のハイパフォーマンスコンピューティングインフラをクラウドに拡張するための新しいハイブリッドクラウド機能を追加しました。この新機能は、自動車、航空宇宙および防衛、石油およびガス、ライフサイエンスおよび半導体を含む主要業界において、CIOがクラウド変革の旅を始めるための出発点を提供します。
【引受先】
今回の資金調達は、Initialized Capital、Keen Venture Partners、およびSineWave Venturesの三社がリードとなり実施されました。本ラウンドでの引受先を含め、他に以下の著名投資家およびベンチャーキャピタルからの出資を受けています。
Sam Altman、Jeff Bezos、Richard Branson、Chris Dixon、Paul Graham、 Ken Hao、 Adam Smith、 Peter Thiel、 Steve Westly、 Data Collective、 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Jumping Capital、M12(旧Microsoft Ventures)、三菱UFJキャピタル、Quiet Capital、Streamlined Ventures、トランスリンク・キャピタル、Two Roads Group、Y Combinator。
【Rescaleの概要】
Rescaleは、2011年に設立したエンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウドで提供するリーディングカンパニーです。 Rescaleは、変革を求める企業幹部、ITリーダー、エンジニア、科学者などが製品の確信を確かなものにし、素早く市場に投入できるようにします。 RescaleのScaleX®マルチクラウドプラットフォームは、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するための製品で、非常に強力なハイパフォーマンスコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されており、ソフトウェアアプリケーションをクラウドもしくはオンプレミスにある最適なコンピューティングリソースで実行可能にします。 Rescaleは、大手クラウドサービスプロバイダー4社と提携し全世界でサービスを提供しており、世界5大自動車企業の4社、世界3大航空宇宙防衛企業の2社など、グローバル2,000企業のうち125社以上の顧客を有しています。
Rescaleの詳細については、www.rescale.com/jp/をご覧ください。

Related articles

複数ジョブ実行時の時間と経費を節約する新機能:Persistent Clusters (永続クラスター)

RescaleのRahul Vergheseが、2017年1月19日に記載したBlog記事の翻訳です。 元記事はIntroducing Persistent Clusters: a New Feature to Save Time & Money with Multiple Jobsをご覧ください。 Rescaleは、最新のデプロイメントで新機能のPersistent Clusters (以下、「永続クラスター」:マニュアルで起動/削除可能なクラスター)をリリースしました。この機能を有効にすることで、複数のインスタンスを起動してクラスタを構築し、シャットダウン(訳注:Rescaleシステムではシャットダウン後インスタンスは削除されます)することなく、Rescaleワークフロー(Web UI)を使用して複数のジョブを順番に同じクラスターへ投入できます。以前は、各ジョブ毎にクラスターが稼働し、ジョブの完了後は自動的にシャットダウンされるため、複数の小さなジョブを実行すると遅延が発生する可能性がありました。この新しい機能により、繰り返し処理の高速化が可能になります。これは、テストや同じハードウェア構成を必要とする複数のジョブに特に便利です。 時間とお金を節約 一般に、各クラスターがスピンアップしてシャットダウンするまでには数分かかります。永続的クラスターを有効にしておくと、クラスターに追加する各ジョブの時間とコストを節約できます。 なぜ? 標準のクラスターは、ジョブが完了すると自動的にシャットダウンし、後続のジョブも同じように起動してシャットダウンするため、別々のクラスターとしてそれぞれ課金されます。(訳注:通常、たとえ10分の計算であっても1時間分の課金となるため、10分で完了する連続する2つのジョブを実行した場合、2時間分が課金されます)一方で、永続クラスターを使用すると、クラスターはすぐに次のジョブの実行に使用できるようになるため、ジョブ間で別のクラスターをシャットダウンして起動させる時間を無駄にしません。それによって、同様のジョブを多数立ち上げるユーザーにとって、時間とコストを大幅に節約することになります。(訳注:上記の例だとちょうど10分の計算を待ち時間なく2つ連続的に実施できることになり、1時間分の課金で収まることになります。)

read more »

ISIDとRescale、クラウドCAE事業で戦略的提携

大規模解析プラットフォーム「ScaleX®」を活用したインテグレーションで 大手製造業のクラウド活用を支援 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:名和 亮一、以下「ISID」) とRescale, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、共同設立者兼CEO:Joris Poort、以下「Rescale」)は本日、クラウドCAE事業において戦略的パートナー契約を締結し たことを発表します。 両社は本提携を通じ、Rescaleの持つクラウドHPC/CAEシミュレーションプラットフォーム「ScaleX(スケールエックス)」と、ISIDが有する国内製造業へのクラウドCAE導入ノウハウや大規模システムインテグレーションの知見を組み合わせ、大手製造業における本格的なクラ ウドCAE活用を支援してまいります。本提携に先立ち、両社はすでに日本の大手自動車メーカーの大規模クラウドCAE導入プロジェクトを開始しています。 Rescaleが提供するScaleXは、CAE分野を中心とする300種以上のアプリケーションをマルチ クラウド環境で利用するための統合サービスです。グローバルはもとより、日本においても自 動車メーカーや大手素材メーカーなど多くの企業で導入されています。 ISIDは、日本市場におけるクラウドCAEサービスの提供で先駆的な役割を担い、これまで数多 くの製造業のクラウドCAE環境構築を支援してきました。近年は大手製造業が本格的なクラウ ド活用を加速させつつあり、その実現には、既存環境とクラウド環境のシームレスな連携や段 階的移行を伴う大規模なシステム開発が不可欠となっています。ISIDは、CAEとクラウドイン テグレーション双方の領域で深い知見を有する稀有なシステムインテグレーターとして、大手 製造業におけるScaleXの導入・活用を支援してまいります。 「ISIDは、Rescaleと協力して日本でScaleXプラットフォームを推進できることを大変嬉しく 思います。今回の提携を通じ、Rescaleの先進的なクラウドCAEプラットフォームとISIDの知見 を組み合わせることで、日本の製造業におけるクラウドCAE活用が飛躍的に拡大し、グローバ ルな競争力強化に貢献できるものと確信しています」と、株式会社電通国際情報サービスの上 席執行役員製造ソリューション事業部長である岩本 浩久は述べています。 「Rescaleは、ISIDとこのようなパートナー契約を締結できたことを非常にうれしく思います。このパートナーシップは、日本市場においてビジネス関係を推進するための鍵となるものであ り、その成功を確実にするためにも、ISIDと密接に協力することを楽しみにしています」と、Rescaleの共同設立者兼CEO(最高経営責任者)であるヨリス・ポート (Joris Poort) は述べてい ます。 【ScaleXの概要】 RescaleのScaleX CAEプラットフォームは、シミュレーションなど複雑で大規模なデータ処理 をオンデマンドで簡単に実行するためのクラウドサービスで、非常に強力なハイパフォーマン スコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されています。現在300種以上の商用 およびオープンソースアプリーションが搭載されており、利用者は使用したいアプリケーショ ン計算量や予算に応じた最適なハードウェアを組み合わせて簡単に処理を実行することができ ます。 【電通国際情報サービス(ISID) […]

read more »