From the blog

プレスリリース:Rescaleは米国連邦政府対応した初のクラウドHPCサービス、ScaleX Governmentをリリース

2019年11月19日 アメリカ、サンフランシスコ       クラウドでのハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)のリーダーであるRescaleは、完全なクラウドベースのHPCプラットフォームを米国連邦政府の公共部門に向けて提供する最初の企業となることを発表しました。
Rescaleの最新のリリースであるScaleX Governmentは、FedRAMP Moderate(In-Process)(Federal Risk and Authorization Management Program)、ITAR(国際武器取引規制)コンプライアンス、あるいはその両者を備えたクラウドのスケーラビリティを提供する唯一の完全に管理されたHPCサービスです。

これまで、全ての連邦政府機関と多くの研究機関では、クラウド製品やサービスがFedRAMPステータス無しでは採用できないためクラウドHPCを使用することができませんでした。ScaleX Governmentは、コンピューティング、ストレージ、アプリケーション管理やオーケストレーション・スタックを含む全ての構成要素にわたるエンド・ツー・エンドに対応する最初のクラウドHPCサービスを提供します。

この発表により、公式のFedRAMP MarketplaceにてRescaleを見ることができます。これにより、連邦政府のエンジニア、科学者や研究者は時代遅れで固定のITインフラストラクチャーから最新のオンデマンド・クラウド・アーキテクチャーに移行し、コンプライアンス用件を満たすことができます。米国エネルギー省(DOE)の一部門である国立再生可能エネルギー研究所(NREL)はエネルギー効率と探査研究を加速するためにRescaleとFedRAMPアプリケーションを共同でスポンサーしました。クラウドHPCを利用すると、多くの場合長い待ち時間を招くリソース管理を必要とせず、必要に応じて即座にワークロードをスケールアップやスケールダウンすることが可能となります。これは最終的に、より良い研究、より速い結果やより効果的な支出につながります。

RescaleのCOOであるShawn Hansenは次のように語ります。「強力なセキュリティとコンプライアンスを備えた世界的なイノベーション体験を提供することがRescaleの最優先事項です。当社の顧客は、機密データやワークロードを保護し、業界や連邦政府の基準を常に超える為に、当社を頼ります。このFedRAMPマイルストーンを達成する最初のHPCプラットフォーム・ソリューションとなることにとても興奮しています。」

クラウドHPCのセキュリティに関するより詳細は以下をご参照ください。
https://www.rescale.com/security
https://info.rescale.com/big-compute-podcast-episode-10-fedramp

【Rescaleの概要】

Rescaleは、2011年に設立したエンタープライズビッグコンピューティングソリューションをクラウドで提供するリーディングカンパニーです。 Rescaleは、変革を求める企業幹部、ITリーダー、エンジニア、科学者などが製品の確信を確かなものにし、素早く市場に投入できるようにします。 RescaleのScaleX®マルチクラウドプラットフォームは、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するための製品で、非常に強力なハイパフォーマンスコンピューティングインフラストラクチャー上に構築されており、ソフトウェアアプリケーションをクラウドもしくはオンプレミスにある最適なコンピューティングリソースで実行可能にします。 Rescaleは、大手クラウドサービスプロバイダー4社と提携し全世界でサービスを提供しており、世界5大自動車企業の4社、世界3大航空宇宙防衛企業の2社など、グローバル2,000企業のうち125社以上の顧客を有しています。
Rescaleの詳細については、www.rescale.com/jp/をご覧ください。

Related articles

In-Browser Desktops (ブラウザー内仮想デスクトップ):HPCの視覚化を即座に開始

RescaleのアプリケーションエンジニアのAlex Huangがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事はIntroducing In-Browser Desktops: Instantly Launch Powerful HPC Visualizationsをご覧ください。 Alex Huang – 2017年1月30日 Rescaleは、便利な新機能であるIn-Browser Desktop(ブラウザー内で利用できる仮想デスクトップ環境)を当社のプラットフォームへ導入しました。この新機能によって、最新のWebブラウザーを利用するだけで、プレ/ポスト処理と視覚化のニーズに対応する、GPUアクセラレーションを利用したリモートデスクトップに接続できます。 In-Browser Desktopsは、実行中のジョブから視覚化ノードを起動するための最速の方法です。パスワードの設定、接続ファイルのダウンロード、トンネリングのためのスクリプトの実行は必要ありません。これは、ファイアウォールがあっても、HTTPSで簡単かつ安全にリモートデスクトップへアクセスできることを意味します。ブラウザーを通して、すべてシームレスかつ安全に実行されます。 デスクトップに接続する場合、In-Browser Desktopを使用するか、RDP(Remote Desktop Protocol)またはVNC(Virtual Network Computing)クライアントファイルをダウンロードして、すでに利用している自分のリモートデスクトップクライアントを使用することもできます。 実行中のジョブからの視覚化のためにn-Browser Desktopを起動する方法は次のとおりです。 ステップ1:実行中のジョブに対して“Visualize” (可視化)を選択します。 In-Browser Desktopの起動:ステップ1 ステップ2:“Launch” (起動)を選択して、デスクトップ設定を確認します。 ブラウザー内デスクトップの起動:手順2 ステップ3:“Connect using In-Browser Desktop”(In-Browser Desktopを使用して接続する)をクリックし… In-Browser Desktopの起動:手順3 […]

read more »

Rescale、HPCwireのEditors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞

SC18にて、当社がHPCwireの「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞したことをお知らせします。原文はこちらです。 なお、昨年はBoom社の事例で、Best Use of HPC in the CloudのReader’s Choice Awardを受賞しています。 Rescale、クラウドプラットフォームでHPCの最優秀HPCで2018 HPCwire編集者賞を受賞 クラウドのエンタープライズビッグコンピューティングのリーダーであるRescaleは、本年度のHPCwireリーダーズ&エディターズチョイスアワードにおいて、「Editors’ Choice Award for Best HPC in the Cloud Platform」(編集者が選ぶ最も優れたクラウドでのHPCプラットフォーム賞)を受賞しました。 この賞は、RescaleScaleX®マルチクラウドプラットフォームが、複雑なデータ処理とシミュレーションを実行するために、ソフトウェアアプリケーションと、クラウドもしくはオンプレミスにある最適なアーキテクチャーをシームレスに対応させるという、最も強力なHPCインフラストラクチャー上に構築されたものであることを際立たせるものです。Rescaleは、顧客がHPCをクラウドに拡張し、組織のデジタルトランスフォーメーションを加速できるようにすることで、ハイパフォーマンスコンピューティング市場を変革しています。 この賞は、テキサス州ダラスで開催されたスーパーコンピューティング2018(SC18)において発表されました 。

read more »

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *