From the blog

2018年のプロダクトロードマップをチラ見せ- Part 1

プロダクトマネージメント担当ディレクター、 による投稿です。 原文はこちら

2018年に入り、Rescaleで我々は、シリコンバレーで最も急速に成長しているエンタープライズソフトウェア企業としての勢いを維持し、とりわけクラウドHPCにおいて最先端技術の進化を続けられることに興奮しています。
2017年は当社の製品チームにとって忙しい一年でした。昨年は、Skylakeを含む25の新しいアーキテクチャー、最新のNVIDIA GPU製品P100とV100新しいベアメタルプロバイダーとインテグレーションパートナー[1][2][3]へのアクセスをプラットフォームに追加しました。 HPCワークフローのサポートを強化し、再利用可能なクラスターブラウザー内SSHを導入し、大規模DOEのサポートを追加し、最適化フレームワークとANSYS RSMの大幅な改善を行いました。ライセンシングの観点からは、ANSYSおよびLS-DYNAのオンデマンド ペイパーユースライセンスを追加し、STAR-CCM+およびANSYSのライセンス可用性ベースのキューイングを提供し、ライセンスサーバーアクセスを自動化しました。(新しいスタートアップ向けのプログラムで使用) 。ネイティブクラウドのプレおよびポスト処理を実現するためにブラウザー内のデスクトップを導入しました。エンタープライズ管理者向けには、デポジットプライシングのサポート、スポットプライシング提供地域の拡大、ワークフロー/予算/データ制限の管理制御の機能を強化しました。データを安全に保つため、高度な接続セキュリティーと企業向けのアウトバウンドインターネットブロッキングも追加しました。最後に、ScaleX Labsを使用したIntelの最新アーキテクチャーへの早期アクセスプログラムを提供しました。
2018年に予定されている新機能や機能強化のリストには、HPCを必要とするエンジニアにも組織のITおよびHPCリソースの管理者にも有用となるものが含まれています。クラウドの堅牢性、アプリケーションソフトウェア、ライセンス、デスクトップとビジュアライゼーション、HPCワークフロー、エンタープライズ組織の管理、セキュリティーとコンプライアンス、データ転送と管理、およびハードウェアの分野で数多くの新機能や改善を行います。ご期待ください。 本ブログと後日公開するPart 2で、各分野のロードマップを紹介していきます。

クラウドの堅牢性

Rescaleを使うと、クラウド内の高性能クラスターのスピンアップを非常に簡単にできるため、ジョブの実行から完了まで即座にできます。パブリッククラウド上で高性能クラスターを直接スピンアップすることは複雑な作業です。すべてのステップをなんとか進めた後でも、設定オプションを1つ間違えるだけでパフォーマンスを満たしていないクラスターが生成されます。しかし、これはすべてではありません。1つのプレイスメントグループに複数の高性能ノードを配置して(ノード間レイテンシを最小限に抑えるため)、数時間(または数日間)のジョブが正常に処理されても、それらの1つ以上ノードが停止する可能性があります。これはハードウェアの問題やスポットマーケットの優先権によるものかどうかにかかわらず、パブリッククラウドプロバイダーのSLAには含まれていませんが、Rescaleは、ユーザーへ意識させずにこれらを処理します。
具体的には、当社のスポットマーケットへの入札方式は、常に最高のSLAを可能にしながらコストを最小限に抑えるようにチューニングされ、最適化されています。さらに、あなたのジョブの完了を確実にし、あなたのジョブの実行時間を最小限に抑えるために、2018年には、停止ジョブのためのフレームワークと、遅いジョブの識別とリスタートのための自動チェックポイントのためのフレームワークを提供します。

アプリケーションソフトウェア

Rescaleの最大の特長の1つは、当社が提供しサポートする何百ものHPCアプリケーション群です。当社は現在、280以上の移植されたアプリケーションとチューニングされたアプリケーションを当社のプラットフォームに導入しており、常に複数のバージョン(およびそれぞれの追加バージョン)を追加し続けています。昨年は、80の新しいアプリケーションと443の新しいバージョンを追加しました。2018年は、これらの数を大幅に増やす予定です。
また、Rescaleに皆さまが独自のアプリケーションを展開する機能を追加します。最小限のクリックで複数のクラウドプロバイダーに独自のソフトウェアをプロビジョニングできます。
最後に、高度に熟練した当社のエンジニアリングスタッフを非常に誇りに思っています。彼らはScaleXでサポートする各アプリケーションへ数千時間にもおよぶの深い経験を有していて、ScaleXプラットフォームによるライブチャットを通じて直接会話することができます。2018年には、可能な限りの最善のサポートを提供するためにチームを増やしています。

ライセンス

ライセンスは、クラウド内のHPCの最大の課題の1つです。 HPCアプリケーションは非常に複雑で、それはISVによる膨大な開発努力の結実なので、それに相当するライセンス料が必要です。 Rescaleは、クラウドHPCジョブ用のオンプレミスライセンスサーバーに透過的にアクセスし、社内およびクラウドジョブの両方で同じライセンスサーバーを使用できる柔軟性を企業に提供します。さらに、Rescaleは、ANSYS Elastic Unitsなど、当社が提供する多くのHPCソフトウェアアプリケーションのオンデマンドライセンスを提供しています。 2018年には、さらに多くのHPCソフトウェアアプリケーションにオンデマンドの柔軟性を提供するだけでなく、オンプレミス、マルチリージョン、さらにはマルチクラウド環境での企業のライセンス使用状況を表示し、管理し、レポート作成するための機能を統合する予定です。
今回はまずここまでです!製品ロードマップの残りの部分については、後日公開するブログで紹介します。上記のいずれかのアップデートに関してアーリーアクセスに関心がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

Related articles

HPCクラウドを提供する米国Rescaleが総額1,400万ドルの資金調達を完了 日本市場に注力するためRescale Japan株式会社を設立し、東京オフィスを開設

高速な計算処理を実現するHPC(High Performance Computing)クラウドサービスの業界リーダーであるRescale, Inc. (本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、Founder & CEO:Joris Poort、以下:Rescale)は、トランスリンク・キャピタルをリードインベスターとするシリーズAラウンドで1,400万ドルの資金調達を6月に実施し、併せて、日本オフィスを7月に開設したことを発表します。 今回の資金調達により、Rescale社はグローバル展開を加速し、大手企業でのHPCクラウドサービス採用の拡大を目指すとともに、Rescale Japan株式会社の設立により、日本市場でのサービス展開を加速させていきます。 シリーズAラウンドの実施 今回のラウンドには、トランスリンク・キャピタルの他、Jump Capital、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、マイクロソフト・ベンチャーズ、Two Roads Group、Data Collectiveらが参加しました。今回のシリーズAラウンドにより、累計総額2,000万ドル以上の資金調達をしたことになり、トランスリンク・キャピタルの共同創業者兼マネージングディレクターである大谷俊哉氏が取締役に加わります。 HPCシステムに対する需要が世界的に高まっている中、Rescaleのプラットフォームは、大手企業において、高価な旧来型のオンプレミスシステムから、拡張性が高く、迅速かつ高性能なクラウドインフラへの移行を促進することを可能にします。Rescale設立時にSam Altman、Jeff Bezos、Richard Branson、Paul Graham、Peter Thielなど著名な個人投資家などからの投資を受けました。 大谷俊哉氏は以下の通り述べています。「HPCは200億ドルの市場規模があるものの、旧来型のオンプレミスシステムが多く使用されており、クラウドサービスの利用は一部にとどまっています。Rescaleのプラットフォームは、大手企業がHPCクラウドサービスを利用するうえで、長年の課題であったセキュリティ対策とパフォーマンス向上を実現しました。Rescaleはお客様が必要とする各種ソフトウェアを、複雑な設計なしに最適化された形で利用可能であり、あらゆる業界におけるトップ企業にとって必要不可欠なソリューションとなります。」 またRescaleのFounder & CEOであるJoris Poortは以下の通り述べています。「今回、新たな戦略投資家を迎え、非常に喜ばしく思います。大谷氏は、企業向けクラウドソリューションに長年携わっており、急速に成長を遂げている日本市場に精通していることから、大谷氏が当社取締役に加わることを歓迎しています。Rescaleのクラウドサービスプラットフォームに対する日本の需要の高まりに応え、東京オフィスをオープンすると同時に、引続き世界展開に向けた投資を進めてまいります。お客様は、各業界で技術的かつ時間的な障壁を乗り越えて、新製品開発のためのシミュレーションを行っています。当社のソリューションにより、自動車の設計から新薬の開発、さらにはロケット工学まで、幅広い分野のお客様がさらなる変革を成し遂げられるよう、力になりたいと願っております。」 Rescale Japan株式会社の設立 Rescaleは日本市場の成長を加速させるためRescale Japan株式会社(東京千代田区大手町)を設立し、2016年7月に東京都千代田区大手町にオフィスを開設いたしました。代表取締役には、クラウド及びHPC分野において豊富な経験と実績を積んだ福田敦彦が就任しました。 福田敦彦は、サンマイクロシステムズ及びiPlanetにて、パートナー及びOEMセールスを担当し、その後、NVIDIA日本法人にてエンタープライズパートナーセールスの責任者として同社のエンタープライズ分野における事業成長に寄与するなど、多くの実績を残しています。 福田敦彦は以下の通り述べています。「クラウドはエンタープライズに浸透し、すでにコモディティ化しています。その結果、インフラにアプリケーションを合わせるのではなく、アプリケーションに合わせてインフラを選ぶ時代となっています。Rescaleはマルチクラウドでそれをすでに実現し、かつインフラレイヤーを抽象化しています。例えば昨今、人口知能で注目されているDeep Learningは、GPUベースの特殊なハードウェアが必要ですが、Rescaleはアプリケーションに応じたGPUベースの環境を自動的に使用できる仕組みを提供しています。ユーザーは特殊な環境の準備と複雑なセットアップにもう悩む必要はありません。ブラウザーから簡単にDeep Learningを実行でき、本来の業務に集中できます。また利用した分だけ料金を支払えば良いので、設備投資や運用に関わるコストを削減できます。」 日本では、2015年9月から伊藤忠テクノソリューションズ株式会社がRescaleのHPCクラウドサービスを取り扱っており、Rescale Japanの設立によりサポートを強化し、日本市場に向けた更なるサービス拡充を目指します。 今回の発表にあたり、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社から以下のコメントを頂いております 「伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、2015年9月からRescale社のHPCクラウドサービスを取り扱っており、HPC環境の設計から構築、既存のHPC環境との連携、運用・サポート、解析支援までのトータルなHPCサービスを提供しています。 今回のRescale […]

read more »

ハイパフォーマンスストレージ(HPS)とエンドツーエンドデスクトップを発表 — より早く結果を得るための新機能

前週に開催されたSC2018において、High Performance StorageとEnd-to-End desktopsの二つの新しい機能拡張を発表いたしました。原文はこちらです。 Rescaleは、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ワークフローに新しい機能 — ハイパフォーマンス・ストレージ(HPS)と、エンドツーエンドデスクトップ — を追加したことを発表いたしました。これらのツールを利用することで、企業は効率を高めチームのコラボレーションを強化することができます。

read more »