From the blog

Tutorial: Manage Groups and Projects on the Rescale Enterprise Portal

Rescale’s ScaleX Enterprise Portal allows administrators to have fine-grained control over the their members’ spending on the ScaleX platform by setting up Groups and Projects. In this post we’ll explain what these concepts are and how to use them.
Groups on the ScaleX platform are groups of members – they are useful mainly for their relationship to other entities like projects. Projects can be limited to participating groups, which allows administrators to control which members participate in which projects.
Projects on the ScaleX Enterprise platform are labels that members can assign to jobs. For instance, a company may decide to use a ScaleX project for each real-world product they are developing, or a consultancy may use a ScaleX project for each client project they have. Administrators can control the spending on projects by setting a budget for each project.
Project budgets, coupled with the ability to require jobs to be assigned to projects, allow administrators in-depth regulation over the spending of their members.
Example
Let’s explain how to use these features with an example, Example Co. Example Co.is developing several products – an electric car engine, an electric car battery, and an airplane wing. Example Co. administrators decide to set up projects for each of these so they control budgets and member participation. First, the administrators go to the project page on the ScaleX Enterprise Portal, and creates projects for each of these products:
10000000000003F7000001F3E15672F7
Now, the administrators would like to determine which members can participate in these projects. The internal Example Co. groups are Car R&D, Car Engineering, Airplane R&D, and Airplane Engineering. The administrators would like Car R&D members to be able to participate in both the car jobs, Car Engineering to be able to participate in only the Electric Car Engine project, and both of the airplane groups to be able to participate in the Airplane Wing project.
First, the administrators go to the Groups page to create groups:
10000000000003FD0000022DA44C0F7D
Then, back on the Projects page, the administrators click on the settings for each project to assign groups:
10000000000003F7000001F3964DF796
1000000000000400000002F7862E8518
After the administrators add the desired groups to all the projects, they can see the group membership on each of the project’s settings pages:
10000000000004020000028363B93ED7
10000000000004010000027FF6CB0EC4
 
Now, the administrators would like to assign budgets to each of these projects. They can do this either on the settings page:
100000000000040B00000279B6533E1F
or directly on the Project page:
10000000000003FD000001C2BC2D101C
Members will not be allowed to exceed the budget on jobs assigned to project. Whenever a member creates a job under a project, the project budget will be checked and if it would be exceeded, the job will remain queued.
Now the administrators assign their members to appropriate groups. They do this on each group’s page, which can be accessed from the main Groups list:
1000000000000400000001B893B8A086
Then the member search box on the right can be used to add members to the group:
1000000000000407000001D167FE39AE
Members can be added to more than one group.
Finally, the Example Co. administrators would like to require their members to assign a project in order to create jobs. This will allow them to track spending and budget carefully. On the company settings page, select this option:
1000000000000400000002465EE34D90
To recap, all of the Example Co. members will be required to select a project when creating jobs on the ScaleX Enterprise platform, and they will have to select a project that is available to one of the groups to which they belong. Their spending will be restricted based on the project selected.
To begin leveraging the ScaleX Enterprise platform to scale simulations and manage projects, you can contact info@rescale.com or signup at www.rescale.com/signup.

Related articles

クラウドHPCの3つの隠れたメリット

Rescaleの米国中部地域担当セールスのJJ Jonesがポストしたブログ記事の翻訳です。 元記事は3 Hidden Benefits of Cloud HPCをご覧ください。 企業は、クラウド上のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に移行し、柔軟で多様な、従量課金型のHPCリソースへのアクセスを実現しつつあります。同時に、これらの資産を管理することや膨大な資本と時間を費やすことの必要がなくなりました。シミュレーションをクラウドのHPCリソースへ移行することで、企業は以前からは想像もできない規模で多彩な標準タイプおよび特殊タイプのハードウェアを活用できます。クラウドを活用することで、エンジニアリングスタッフの潜在力を発揮し、イノベーションを次のレベルに引き上げることができます。クラウドHPCが成熟するにつれて、これらの明らかな利点は、HPCワークロードに対するクラウドへの動きを促進することです。しかし、定量化を明らかにしづらいその他の利点がしばしば見落とされていますが、それらは本当のクラウドの変革の力を表しています。 この記事では、クラウドに移行することで見過ごされがちな、変革上の3つの利点を見ていきます。 1.トップレベルのエンジニアのリクルーティングや雇用維持 多くの企業が、クラウド資源へアクセスできる環境を保有することが、高い能力を持つエンジニアのリクルーティングや雇用維持に役立つことに気付いています。業界(産業)に関係なく、技術者は仕事に最適なツールを求めています。最速のクルマを持つレースチームが確実に最も有能なドライバーを引き付けるように、最高のツールを提供する組織は最高の才能を引き付けることができます。チームに対して、クラウドで利用可能なシミュレーション機能にに対して深く幅広いアクセスを提供する企業は、現在のハードウェア環境に対する不満を防ぎます。新しい技術が利用できるようになると、エンジニアは既存の社内リソースが完全に償却されるのを待つことなく、流通する最新のテクノロジーにアクセスすることができます。これは、最高の才能を引きつけ維持する企業の能力に顕著な影響を与えています。最近のクラウドカンファレンスでパネルの中であるグローバルCIOが次のように述べました。「従来のインフラストラクチャを利用しているなら、偉大なプレイヤーは得られません」 2.組織のアジリティ 見過ごされがちなもう一つの利点は、クラウドが組織にもたらす全体的な柔軟性です。革新的なアイデアを提供したり、新説を打ち立てたりするためには、企業や従業員は最新のテクノロジーにアクセスする必要がありますが、設備投資は痛みを伴う(そして危険な)決定になる可能性があります。いったん組織が資金を確保し、長期的な調達プロセスを維持すると、現在の作業負荷を中断することなく移行するために人材配置をどうしたらよいのかという葛藤に直面します。クラウドによって、企業は必要に応じて素早く資産にアクセスすることができます。さらに、既存のワークロードを拡張してシミュレーション時間を短縮し、同時シミュレーションを実行することで、チームが日常的なタスクをより迅速に実行できるようになり、将来的に実行可能なタスクに集中できるようになります。この俊敏性と応答性は、企業が自社製品を次のレベルに引き上げることを可能にします。 上記の利点についての最も良い点は、それらを実現するためにクラウドに完全に移行する必要がないことです。既存の社内HPCリソースを使用している組織でも、引き続きそのリソースを使用可能です。才能のあるエンジニアに可能性を与えたり、新製品をリリースしたりする必要がある場合、クラウドの利用が突発させることも可能です。これを行うには、クラウドプロバイダーがターンキーであり、使用に長期的なコミットメントを必要としないことが重要です。(P.S. Rescaleはそうではありません!) 3.ITではなく、組織のコアコンピタンスにフォーカス 最後に、クラウドによって、組織はそのコアビジネスに集中することができます。あなたは飛行機や自動車を作ることができますし、薬を創ったり人工知能ツールをデザインすることもできますが、あなたはIT企業ではありません。企業は、膨大な時間とコストを費やすことに慣れてきており、正しいコンピューティングリソースがコアビジネスをサポートできるようになります。過去には選択肢がありませんでした。クラウドを完全に活用することで、組織はビジネスを推進する重要な戦略目標に集中して、必要なリソースの保守や管理をそのリソースを主要ビジネスとする人々に任せることができるようになります。ITチームは、従業員中心型のプロセスのサポートに集中するのを止めて、顧客中心型の収益創出活動に集中することができるようになります。 これらの隠されたクラウドへの移行の利点は、ROIの計算には簡単には現れません。これらのつかみどころのない側面の真の価値を数値化することは困難です。つまり、明白な利点は、クラウドへの移行を正当化するのにあまりに多く語られています。しかし、これらのつかみどこころのない利点は、組織がクラウドに移行すると必然的に現れます。これらは損益計算書に数値として直接表示されないかもしれませんが、市場シェアや収益性のような中核的なビジネス目標の長期的な上昇を目にすることによって、これらの存在を知ることになります。

read more »

MPI Benchmarking on Google Compute Platform Revisit

Three years ago we visited Google’s IaaS service – Google Compute Engine (GCE) for its networking performance and Ryan posted the results in his blog post. Back then, the conclusion was that GCE instances were more suitable for a typical […]

read more »